12月料理教室 あまとろ葱と魚のタルタル 牛肉のパイ包み 文旦のクリームケーキ 
e0134337_184132.jpg2013年最後の料理教室がはじまりました
12月はクリスマス仕様の食卓でお迎え

北欧のヒュッゲなクリスマスをイメージ
可愛らしい小物と赤をアクセントに
でも子供っぽくならないように
黒 グレー シルバーでひきしめました

ポインセチアを入れている鉢は
10年前にフランスから連れて帰ってきたもの
たしか <カトリーヌ・メミ>
いや<クリスチャン・トルチェ> ?
なんてことのないデザインなのに
フォルム 質感 なんだか違うんだなー

★ヒュッゲとは
あたたかさ やさしさ 心地よさを表す
デンマークの言葉


e0134337_184474.jpg誰もが再現しやすいように仕上げた
クリスマスのフラワーアレンジメント
毛糸で作った妖精が
ちょこちょこ隠れていますよ

席を離れている間に
つまみ喰いされないように注意してね!

アレンジに使っている
コジオルの三段トレーは教室でも人気
いろんな季節に活躍します
コンパクトに収納できるのも魅力です


e0134337_1854247.jpgひと皿目は冷たい前菜

甘くとろけるような白ネギのゼリー寄せ
脂ののった寒ブリのタルタルに
柚子風味のクリーム

冬に美味しい役者を揃え
ポワブルロゼをちょこんとあしらえば
いっきにクリスマス!!


e0134337_186837.jpg高知の元気野菜 
長崎さんのブロッコリー
パスタを〇〇(おたのしみに)クリームで和えて
ブロッコリーとからすみを合わせました

力のあるブロッコリーは
柔らかく茹でても主張がしっかり

ブロッコリーを茹でたのは昆布水
贅沢だけど昆布水の茹汁は
美味しいスープとしていただけます


e0134337_1863525.jpgメーンは牛肉のパイ包み
2人で一つのパイを仕上げていただきます

飾りは自由に楽しんでくださいね
特別な道具がなくても
模様が作れるんですよ

お家で作りやすいようにと
工夫をこらしています
ぜひぜひ 作って欲しいなあ


e0134337_1865661.jpg牛肉のパイ包みは想い出深いメニューのひとつ
さかのぼること○○年前
初めてのケイタリングのお仕事で
メーンディッシュに作りました

当時ご指導を仰いでいたのは
コルドンブルー教授 中村実シェフ
私にフランス料理の愉しさを教えてくださいました

仏映画『大統領の料理人』に出てきた料理のひとつ
リムーザン産牛フィレ肉のパイ包み
今年この映画を観て
ケイタリングの記憶がよみがえり 
どうしても再現したくなりました
by cuillere1991 | 2013-12-06 09:02 | 教室
<< 文旦のクリームケーキ 12月教室予告編 文旦のケーキ >>