天然ぶりのバルサミコソテー 四万十の牛蒡のピュレとともに
初回に写真がブレブレだった
10月料理教室の主菜
天然ぶりのバルサミコソテー
ごぼうのピュレのひと皿です

このごぼうは
四万十ジンジャーマン良太さんの
すこやかごぼう
玉ねぎ、にんにくとともにじっくり炒め蒸し
あまーい香りがしてくれば
昆布水と鶏のブイヨンを加え
1時間ほど煮込み、ピュレにします

まさに大地の恵み

海の恵み 天然ぶりにからめるのは
白バルサミコヴィネガー
黒バルサミコヴィネガーのジュレを添えて
青柚子の皮をおろしかけて秋の薫りをまとわせます


e0134337_9421041.jpg
by cuillere1991 | 2014-10-08 13:19 | 教室
<< 秋の京都 ぶらぶら歩き ① いも たこ なんきん >>