<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
庭のベリー
e0134337_7443456.jpg庭の小さなスペースにジューンベリー、ブラックベリー、ブルーベリーが
それぞれ1本づつ。
ほったらかしでも なんとかご機嫌を損ねずに育ってくれています。
7月の末、ブラックベリーが最盛期(!)を迎え、ブルーベリーがそろりそろりと色付き始めます。


e0134337_7451579.jpgこれは8月31日の収穫。
今年は2~3日に1回 このくらい採れました、大豊作です!
写真ではわかりにくいけれど
季節の終わりに近づくにつれベリーはどんどん小粒になっていきます。


e0134337_7463244.jpg朝6時 コーヒーと一緒にヨーグルトをいただきます。
第1番目の朝食・・・1日4食なんですよね、ワタシ。
ヨーグルトにドライプルーン1個、黒すり胡麻、くだもの少し。
ベリーの採れた朝はヨーグルトに加えます。
ブルーベリーがいただけるのも あと何回かしら?
この夏の恵みに感謝してゆっくり味わいましょう。
by cuillere1991 | 2009-08-31 08:06 | 暮らしのメモ帳
焼き茄子にはまっていますが・・・
e0134337_10201747.jpg焼き茄子にはまっています。
=女子丼=というお題で3種のお丼をつくりました。
女子なので野菜たっぷりが嬉しいし、
はまっている焼き茄子をお丼にしようと思いつき
美味しい美味しいレシピができました←自画自賛。
男子は焼き茄子は冷たいものという思いが強いようで、
男子の保守性を再確認。

有機の茄子を購入したらこんなのが混じっていました・・・


e0134337_10204239.jpgおふざけで顔を彫ってみました。


e0134337_1021149.jpg焼いたら やたら不気味になってしまい、
夢に出てきそうで途方にくれました。
食べるのをためらうほど不気味でしたが、
よけいに恨まれそうで慌てて皮をむきました。
そうしたら茄子クンはただの焼き茄子に戻ってくれたので、何事もなかったことにして食卓へと運びました。
もう 妙ないたずらはやめよう・・・
by cuillere1991 | 2009-08-27 10:41 | 暮らしのメモ帳
柚子の村でジャム作り - ⑧
e0134337_7472250.jpg徳島市内にある山屋さんを訪ねました。
もともとお酢をメーンに造っていらっしゃるのですが、
今はお醤油も。
古い店構えがすてきです。
写真には上手く収められなかったけれど
これまたすてきなレンガ造りの煙突が
建物の奥にそびえています。


e0134337_7495843.jpg店内には昔の道具や酢を詰める瓶も並んでいます。
これはガラス製ですが、大きな陶器製の瓶もあります。
台帳のようなものも残されていて(昔はツケで購入していたのですよね!)店内を見ているだけで愉しい。
お酢がどうやってできるのか知りたくって、いろいろ質問していたら、裏の製造場に案内してくださるとのこと。
お忙しい中、申し訳ない・・・と思いつつ好奇心が勝ってしまい、甘えることにしました!



e0134337_7475360.jpg筵の下でお酢が育っています。
液体の表面に白い幕が張っていて、それが酢酸菌。
この建物の中で生き続けている酢酸菌は、ここの環境に適応して育っていきます。なので、このように造るお酢は100%オリジナルになるのです。
液体の上に手をかざすとモワーッと温かくてビックリ。
ぬる目のお風呂くらいの温度です。
かなりの刺激臭ですが、嫌な匂いではない。
お米の香りがします。
分けていただいた純米酢
帰って使うのが楽しみでなりません!!
貴重な体験をありがとうございました。
by cuillere1991 | 2009-08-19 08:16 |
柚子の村でジャム作り - ⑦
e0134337_8103123.jpg前菜(!!)は朝採り完熟トマト 川冷やし。
何もつけずにそのまま がぶり!
あーーーー美味しい~~~
川の流れで冷やしているので なんともいえない冷え具合。
もちろん ジローさんの菜園のトマトです。


e0134337_8105691.jpg持参したペットボトルのお茶を飲もうとしたら
ジローさんから「チョット待った!」がかかりました。
ミオちゃんが川で冷やしたやかんを持ってきてくれます。
お茶の葉も自家製。
おばあちゃまが淹れるお茶の味には誰も敵わないらしく、
今日は私のためにおばあちゃまが淹れてくださったそうです。
それを川で冷やしているのですから!!

「あーーー 甘露・甘露」

みなさんの温かい気持ちが この美味しいお茶とともに
体に心に染みこんでいきます。
お茶を飲みすぎたかしら?
なんだか目からお茶が溢れてくるみたい・・・
by cuillere1991 | 2009-08-17 08:25 |
柚子の村でジャム作り - ⑥
e0134337_7574690.jpg今日は夏空・・・美しい。
ここのところ毎日のように雨が降っていました、
天気予報も思わしくなかったのですが。
想いが通じたのですね、今日はジローさん主催・川原の石焼です。


e0134337_7563030.jpg朝五時半に場所取りをして鮎を釣るジローさん。
・釣りたての天然鮎の石焼
・あまごの塩焼き
・鹿の焼肉
これが本日のおひるご飯だそうです!!
by cuillere1991 | 2009-08-17 08:09 |
柚子の村でジャム作り - ⑤
e0134337_12115471.jpg今夜はみずえさんのおうちで夕ごはん。
ほんとうはご主人さまと3人の予定だったのに
急遽男性二人が増えることに!!
朝から一日一緒にジャムを作っていたにもかかわらず、
『なんとかするわ』とみずえさん。
一休みすることもなく、魚を買いに走り、菜園から野菜を採り、
ごはんが炊き上がれば柚子酢をあわせて酢飯を作り、
合間に愛犬ボブの散歩にも出掛けます。
そして瞬く間にこんなご馳走がズラリと並びました!
魚とお豆腐とレタス以外はみんな自家製です・・・
なんという贅沢なごちそうなのでしょう。

さて私は何を手伝ったかって??
みずえさんの命を受け、締めたハマチの鮨を握りました!
巻き寿司ならまだしも 家では握りなんて作らない私。
みずえさんにも正直に申告しましたが
こんな時 自分の肩書きを少々恨めしくおもいます・・・


e0134337_12125339.jpgあっという間に出来上がったてんぷら盛り合わせ。
天然あまご
かぼちゃ
甘長とうがらし
さつま芋
うどの葉
どれもカラリと揚がって美味しいです!
ご馳走さまでした。

帰宅後、急に客人が増えたことを告げられ
ささっとビールを冷やす準備を始めた寡黙で優しいだんなさま、
みずえさん、ほんとうにありがとうございます。
次回はゆっくり3人でお食事しましょうね!
わが家に来て貰えたらいいんだけどな。
by cuillere1991 | 2009-08-12 12:32 |
柚子の村でジャム作り - ④
e0134337_11202954.jpgいつも近くの温泉に泊るのですが、
近いといっても車で小一時間・・・
今回はみずえさんのおうちに泊めていただくことに。
忙しいみずえさんはには申し訳ないけれど、
私は楽しみでなりません。
これが泊めていただいたおうち。
敷地の中には菜園と鶏小屋もあります。
朝は鶏の声で目が覚めます、これがなんとも贅沢。
そして周囲はぐるっと柚子の木に囲まれています。
屋根の向こうに広がる青空が気持ちいい。
天井が高いのは お蚕さんを飼っていたからだそう。


e0134337_11205382.jpg隣の棟にはおじいちゃまとおばあちゃまが。
=隠居母家制=とおっしゃっていた気がしますが・・
間違っていますか?みずえさん?
もう一方の棟は納屋です。
これは納屋の引き戸。
軒下にツバメが巣を作ると家が栄えると云われ
みなさん大切ににされています。
みずえさんのおうちは納屋の中に巣を作るらしく
春にガラス板を外すのを忘れないようにと
おじいちゃまが大きな注意書きをされています。
なんだかほのぼのと温かい気持ちになりパチリ。
by cuillere1991 | 2009-08-12 11:52 |
柚子の村でジャム作り - ③
e0134337_13553231.jpgあまごが全部ほぐれたところで、茄子を投入。
もちろんキタさんの畑で採ったもの。
石焼には茄子がよく合うんだそう。
次に青ねぎ投入、味噌で味付け。
『最後に卵を入れて 半熟になった卵を崩しながら
好みの塩気にして食べるのが美味しいんですよー』
と熱く語るキタさん。
さて卵 っと
あっ ない !!  忘れた・・・


e0134337_13555481.jpgシマモトさんがさっと卵を調達してきてくださいました!
仕上げに茹でた甘草の花をあしらいます。男の料理を繊細に仕上げるすてきなキタさんなのです!
香ばしいお味噌の香りがたまりません。
早く 早く 食べよう、食べよう。
いただきまーーーーす!!
食事の間もいろんな話で盛り上がります。
山菜、きのこ採りの大名人で 猟師でもあるキタさんの話は尽きることなくオモシロイ。
ちょっとした病気は鹿や熊の肝の黒焼きで治してしまうですって!
山の暮らしの知恵にビックリおどろきの夜でした。
by cuillere1991 | 2009-08-11 14:15 |
柚子の村でジャム作り - ②
e0134337_1340097.jpg夜はキタさんご夫妻が主となって
もてなしをしてくださいます。
本来は川原で作るごちそう<石焼>を、どこでもいつでも楽しめるようにとキタさんが工夫された屋内石焼。
まずは平らな石を川原で手に入れ
(割れない石を選ぶのがとっても難しいらしい)
グラインダーでくぼみをつけて平らに整え、石に穴を開けてワイヤーを通し、運べるように工夫されています。
石をガスコンロで充分に焼き、天然のあまご(もちろんキタさんが釣ったあまごちゃんです)を並べてゆきます。


e0134337_13402398.jpg部外者が口を挟むのはいけないと思いつつ、
こんなにギュウ詰めに並べたら上手く焼けないよ~
とソワソワしていたら
やおら あまごをほぐし始めたキタさん・・・
えっ!?
姿焼きじゃないのぉ~~~
by cuillere1991 | 2009-08-11 13:54 |
柚子の村でジャム作り - ①
e0134337_1330115.jpg徳島の柚子の村へ
新しいジャムのレシピを作るために行ってきました。
これが試作ジャムの数々、他にもまだあるんですよ!
柚子の風味を生かした優しいジャムができそうです。
商品となるのはまだ少し先のことですが・・・


e0134337_13304390.jpg途中の鍋の中
さーさー何のジャムでしょうね?


e0134337_1331744.jpgこれは蒸器です。
さすが木の村でもあります!
木製の蒸器から湯気があがる様子がなんともすてきで思わずパチリ。
今はジャムを詰める瓶を煮沸しているところ。
by cuillere1991 | 2009-08-11 13:38 |