<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
毎年恒例の
大晦日は朝から実家へ
御節を作るのが恒例
今年はちょっぴり手抜きでしたが
なんとか無事に詰め終わりました
いよいよ新しい歳がはじまります
2011年
なんだかいろいろ新しくスタートしてみたく
手始めに携帯電話とPC を変えてみました
ってお買い物の言い訳にすぎないかなぁ
でもでも
携帯電話からもブログ更新できるようにしました
レイアウトはちょっぴりおかしくなりますが まずは練習 練習
これは第一回投稿です

e0134337_6322265.jpg
by cuillere1991 | 2010-12-31 21:31 | 暮らしのメモ帳
ゆきさんの手みやげ - ② + 朝ごはん
e0134337_19405322.jpgゆきさんの手みやげはもうひとつありました
お手製天然酵母のパン
朝ごはんに食べてねーーーと
キッチンにそっと置いてくれました
が ちょっと???
いつもモーネ流のラッピングが施されているのに
ビニール袋で包んだだけだったので・・・
でも翌朝 パンを取り出そうと袋をひっくり返して
この可愛い笑顔に出会いました
まったくすてきないたずらっ子ですね ゆきさんは!


e0134337_1942239.jpgいつもよりゆっくり味わえた朝ごはん
1日がゆったり始まります
ゆきさん ありがとう ご馳走さま!
初めてゆきさんのパンを食べたのは
15年くらい前かな?
2人で東京に行く時 お弁当に持って来てくれた
フタバマークのゆきさんのパン
かなり噛み応えがありました
おしゃべりもしたいし パンも噛まなくちゃいけないし
いつもに増して大忙しだったのが懐かしい思い出
15年後のパンはもっちりふわっと 塩味もほどよくて
とびっきりの出来ばえでした!
by cuillere1991 | 2010-12-27 20:05 | 暮らしのメモ帳
ゆきさんの手みやげ - ①
e0134337_19221146.jpg二条駿河屋の松露
ゆきさんが朝できたてを買って来てくださいました
今までも何度かいただいたことはあるのですが
できたては初めて!!
砂糖衣が固まりきっいないようで ここちよくしっとり
小さな松露ひとつぶのもたらす口福
その豊かさの大きなこと
やはり京都の和菓子はスゴイ


e0134337_19233321.jpg松露に散らすように載せられている季節のお干菓子
今日は松葉を選んで添えました
松葉の先が白いのは雪なのでしょうか?


e0134337_19242856.jpg朝いちばんにお薄を一服いただくので
これから毎朝この口福が続きます
なんてしあわせなんでしょう
お抹茶もちょうど開けたて お菓子はきわめて上等
まるで私の腕があがったように
お茶が美味しく思えるのが愉しい
by cuillere1991 | 2010-12-27 19:38 | 暮らしのメモ帳
ゆきさんのお礼状
e0134337_19115733.jpgゆきさんとのごはんのあと
すぐにお礼状が届きました
ピンクのテーブルナプキンを薄い紙で再現
銀色のステッチがペンで描かれています
少しずらしてたたんだ形がそのまま!!
ゆきさん目カメラの精巧にさあらためてビックリ


e0134337_19132772.jpgナプキンを広げると
THANK youの文字と日付
思わず顔がほころんでしまいます
数日後にまたこんなに笑顔にさせてくれるゆきさん
ほんとうにすてきな方です
by cuillere1991 | 2010-12-27 19:21 | 暮らしのメモ帳
ゆきさんとのランチ
e0134337_18561589.jpgモーネ工房の井上由季子さんとの打ち合わせ
少し余分に時間をいただいて
私のごはんを食べていただくことに
ゆきさんとは公私共に20年以上のおつきあい
いつもほんとうに忙しいので
久しぶりに会うと話すことが濁流のようにおしよせて
あっという間に時間がたちます
美味しい~ きれい~ と
ほんのちょっとしたことも見逃さずキャッチする
ゆきさんの感激アンテナ!!
いつもかわらないその研ぎ澄まさぶりには
いつもこちらが感激してしまいます
by cuillere1991 | 2010-12-27 19:10 | 暮らしのメモ帳
小布施の旅 おみやげ
e0134337_13572727.jpg新栗の季節だけの小布施堂のお菓子
= くりは奈 =
予約制だったので去年は買えなかったのでした
今回は前もって電話で予約!
しっとりとした食感
軽く歯をあてるだけでとほろっと崩れて
上品な栗の味と香りが口の中いっぱいに広がります
オイシーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい
☆ くりは奈は予約なしでも購入可能になったそうです


e0134337_13585055.jpg小布施ワイナリーでは見学した畑のワインを購入
現場に行って造り手さんから直接話を聞くと
こちらも思い入れが強くなります・・・


e0134337_1433078.jpgこの日はお祭りでおみこしが出ていました
餅撒きかと思いきや手の中にあったのは栗落雁!
さすが栗の銘産地
旅をしているとお祭りや花火、イベントに遭遇することが多いワタシ
やっぱり この地によばれていたんだわー
と旅に出られたことに感謝します
by cuillere1991 | 2010-12-19 14:18 |
小布施ワイナリー 1-②
e0134337_13483461.jpg樽にはいろんな情報が書き込まれています
なんだかかっこいい


e0134337_1350429.jpgフランスから届いた新しいワイン樽


e0134337_13511891.jpgこんな可愛いイラストのダンボール紙が
ううーー ワインの試飲よりなにより
これが欲しい・・・・
控えめにおねだりしてみましたが
願いは叶わず
ざんねん(涙)
by cuillere1991 | 2010-12-19 13:55
小布施ワイナリー 1-①
e0134337_1355338.jpgタカザワさんのリンゴ園のあと
小布施ワイナリーを訪ねました
旅の報告 続編です
すごいっ 告知が初めて実現しました
えらいでしょっ さあ 褒めて 褒めて!!
・・・スミマセン
12月も後半に入って仕事がひと段落
2010年を振り返りながら
今年の旅の報告が少しでも多くできるよう努めますね


e0134337_13124781.jpg訪ねたのは10月の最終週
収穫前、収穫後の畑の様子を見ることができました
雨が多く湿度の高い日本のぶどうは病気になりやすく
有機農法の小布施ワイナリーでは ぶどうひとつひとつに紙をかけて雨を防いでいるとのこと


e0134337_13132183.jpg畑や醸造所を案内してくださった鈴木さん
ソムリエさんでもあります
大阪のレストランでサービスをされていたこともあり
いろんな角度の視点から
ワイン造りの説明を受けることができました
また大阪に戻るとおっしゃっていましたけれど
今頃どうされているのかな?
by cuillere1991 | 2010-12-19 13:41 |
イズッチのドーナツ
e0134337_20192072.jpgときどき作業を手伝ってくれるイズッチ
コンテンポラリーダンスのダンサーなのですが
お料理やお菓子にもとっても興味があって
手伝いをかってでてくれます
私の古いレシピを検索して作ったドーナツ
みんなにと持ってきてくれました
<ドーナツには絶対コーヒーだよねー>
とコーヒー豆を挽いて
作業を始める前のお茶タイムに<いただきまーーす>
おかげでテンション とってもあがりましたっ
イズッチありがとう!
とっても可愛くて美味しいドーナツでした!!
by cuillere1991 | 2010-12-13 20:27 | 暮らしのメモ帳
ガトーピレネー
e0134337_2042034.jpgオーボンビュータンのケーキをいただきました
まことにクラシカルな包みと赤いリボンです
なんだかクリスマスプレゼントを開けるときの
ワクワク感がよみがえってきました
早く開けたい気持ちを抑えながら
いつも包み紙をきちんと畳んでしまう妙に律儀なワタシ


e0134337_206123.jpg背高のっぽの箱の中から出てきたのは
ガトーピレネー
私が今まで食べた中でいちばん美味しいと感動した
バウムクーヘンですっ
河田さんの焼き菓子は粉の味、バターの味、砂糖の味をしっかり感じることができます
お会いしたことはないけれども
お菓子に対する心が伝わってくる
といつも思うのです


e0134337_2071616.jpg
輪切りに切り分けてとの説明の栞がついていました
以前は気づかないで乱切りにしましたねーーー
やっぱり年輪を楽しまなければいけませんわねー
と云うわけで今回はしっかり輪切りです
これは一段目
下に行くほど輪が大きくなっていくんだな
大きな年輪 タノシミ タノシミ
by cuillere1991 | 2010-12-13 20:18 | 暮らしのメモ帳