<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
秋の朝ごはん 
朝夕冷え込むようになりました
こうなると ゆっくりした日の朝は和のごはんが食べたくなります
久しぶりの朝ごはんUP3連発〜〜 ほんとよく食べますよね・・
まあ 秋だものね!!

e0134337_1184838.jpg・鯛と新ごぼうのごはん
・紫小かぶの梅酢漬け
・紫小かぶの葉とちりめんじゃこの黒ごま炒め
・椎茸とわかめ、ねぎのお味噌汁


e0134337_1192120.jpg・鯛としんごぼうのおむすび
・新ごぼうの茎の炒め煮
・キャベツの蒸し煮 焼いたからすみ
・小芋とわかめ、スプラウトのお味噌汁


e0134337_1194625.jpg・四万十川の新米ごはん
・鯖の塩焼き
・焼き椎茸
・ほうれん草の胡麻和え
・椎茸とわかめ、ねぎのお味噌汁
by cuillere1991 | 2011-11-28 11:19 | 日々のごはん
香川の野菜 ー 2
新鮮な新ごぼうの茎と葉 短くて少ししかなかったのだけど
とても美味しそうだったので さっとゆがいてアクを抜き
ベランダで干した椎茸と人参を合わせて炒め
取り置いてた筑前煮の煮汁で煮含めました
そーいえばこの筑前煮にはおでんの出汁をつかったんだよね
けっこうな年期ものです〜
おかげで深みのある味に煮上がりました
つやつやで美味しそー

e0134337_1103519.jpg


e0134337_1112421.jpg


e0134337_1115582.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-28 11:03 | 日々のごはん
香川の野菜 ー 1
神戸から車で日帰り圏内の海外 香川・徳島
四国四県のなかで もっとも土の匂う香川
海に面した高松でもそう感じます
街には路上販売の野菜屋さんがあちこちに
地元の有機野菜を扱う飲食店もチラホラ
高松から連れて帰った野菜たち
新ごぼうがとびきり美味しい〜 上品な香りと甘さにビックリ!!
ごぼうごはんを炊きました
炊きあがりに鯛の塩焼きを加えて蒸らした贅沢なごはん
紫の小蕪は梅酢で和えて 元気な葉っぱはちりめんじゃこと炒めて黒ごまをたっぷり
お店のお兄さんオススメの蓮根とサツマイモ
これはシンプルにじっくりと焼いてみよう! タノシミ、タノシミ

e0134337_8463913.jpg


e0134337_8435469.jpg


e0134337_8473990.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-27 08:47 | 日々のごはん
温かいわらび餅
ジョンさんのオープンパーティの帰り道
母子でお蕎麦食べて 近くの茶店でわらび餅
ほんのり温かくて美味しい
15時をまわると山はぐっと気温が落ちます
晩秋の暖かな佳い一日でした

e0134337_83253100.jpg


e0134337_8333118.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-27 08:33 |
ジョン・ディクスさんの窯開き−3
さっそく みんなでお茶を頂きました
これが茶室
主菓子はケイトさんのパンプキンケーキ
作品は外の空間に並べられています
秋の佳い陽射しに映えてすてき
この花活けの姿にとても惹かれました

e0134337_8221784.jpg





e0134337_8232030.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-27 08:23 |
ジョン・ディックスさんの窯開き−2
窯に入れる陶器をのせる板
時を重ねて溶けついた釉薬の跡が美しい
一番惹かれたのはこれかもしれない・・・
窯を封じるための煉瓦も美しいな
陶器と陶器を重ねる時に間に挟んだ貝殻の残骸
こんなものにばかり反応してしまうんだなー ワタシは・・・
作品はもちろん素敵なんですよ!

e0134337_8175975.jpg


e0134337_8183047.jpg


e0134337_819237.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-27 08:19 |
ジョン・ディクスさんの窯開き−1
工房巡りの続きが中断しているうちに窯開きの日がやってきました
この日ははオープンパーティということで工房に作品が並び
ジョンさんが3時間かけて炭でじっくり焼きあげる
七面鳥のローストが振る舞われます
陶器を出したあとの薪窯の様子

e0134337_8112736.jpg


e0134337_812560.jpg


e0134337_8123685.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-27 08:12 |
完成! お仕覆 第一号
お仕覆作りを習いはじめて半年
第一号のお茶碗のお仕覆がようやく完成しました!
感激ーーーーーー
実習時間は1回約3時間 × 6回
あれれっ?? こういう風に計算すると18時間でできちゃうんですね
うーーーん、ちょっと意外
ともあれ ピヨピヨとうるさい私たちを母鳥さんのように温かく見守り
根気強くご指導してくださった藤村先生のおかげです
ほんとうにありがとうございました
4人の完成品を愛でながら マスカットのサワードリンクで乾杯〜〜
さあ 次はお茶入れです!!

e0134337_1943790.jpg


e0134337_1951521.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-21 19:06 | 暮らしのメモ帳
パンペルデュとパンケーキ
工房巡りの途中ですが おやつと今朝のごはんを・・・
おやつのパンペルデュはいわゆるフレンチトースト
仕事用のレシピ出しの試作 
さっと煮た小粒のいちごソースの酸味がたまらなく美味しい!
パンケーキは試作で残ったものをフライパンで温めなおして朝ごはんに
食べきれずに冷蔵庫でジトッとすねていた新高梨クンを
いちごソースとバニラスティックを加えてさっと煮たソースを添えて
新高梨クンは生まれ変わったように元気に美味しくなりました メデタシメデタシ
私のパンケーキはもっちりしていて美味しいんです
作ったのはひさしぶりなんだけど しばらくハマりそうな予感

e0134337_848241.jpg


e0134337_8483655.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-19 08:48 | 日々のごはん
丹波へ 工房巡りの一日 ①ジョン・ディックスの登り窯
11月の日曜日 丹波への遠足 工房巡りの一日です
朝の8時半に我が家を出発 いいお天気に恵まれたドライブ
紅葉には少しだけ早かったのだけど暖かな陽射しが心地よい
丹波篠山の町には10時前に到着、大福堂さんで栗のお菓子とお茶を頂いて
ジョン・ディクスさんの工房へ
登り窯に火を入れて4日目 窯の温度は1100度に届こうとしている
何度か登り窯は見学したことがあるのだけど燃え盛る窯は初めて
火のもたらす生命力のような力強さに圧倒されました
ものすごくエキサイティング 
しばらく興奮冷めやらぬ感じ・・・自分でもびっくりです
次はぜひとも寝ずの火の番を手伝ってみたい
薪をくべているのはサイキさん、一晩おつかれさまでした!
下はジョンさんの作品 
<ひきだし>という技法のブルーグレーの色に心惹かれました
工房巡りはまだ続きます!

e0134337_7475927.jpg


e0134337_7482787.jpg


e0134337_7485227.jpg
by cuillere1991 | 2011-11-16 07:52 |