<   2013年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
高知 ファームVegecoさんの畑 胡瓜編
e0134337_11151679.jpgみごとな秋晴れです!
明石大橋を渡って四国へと向かいました

目的地は高知
昨年4月末が最後だったかな
しばらくご無沙汰しておりました

高知にはいい想い出がいっぱい
晴れ渡るこの青空をみていると
今回もまた高知の神さまが
微笑んでくれるような気がします
ワクワク


e0134337_11154449.jpgとびきり香り高いバジルをつくっている
ファームベジコの長崎さん

ここは長崎さんの胡瓜ファームです
高知では11月から7ヶ月間が胡瓜の季節

これからがんばってくれる胡瓜たち
1本の主木から伸びる蔓は
なんと30mにもなるそうですよ!


e0134337_1116118.jpgくるんくるんの蔓がかわいい!!

花のついている小さな胡瓜は
あと1週間で収穫です

料理教室cuillereの11月メニューに
組み入れるべく試作中

続編は路地畑のラディッシュと大根です
おたのしみに!!
by cuillere1991 | 2013-10-30 11:39 |
神戸・北野ぶらぶら サ マーシュのパン
e0134337_12184985.jpg北野にある島田ギャラリーで開催されている
井上よう子さんの展覧会

京都モーネ工房の井上由季子さんと
オフの時間を一緒に過ごすのは久しぶり

北野の街を歩きながらも
あいかわらず お喋りが止まらない2人・・・

ぜひとも案内したかったのが サ マーシュ
京都にもおしゃれで美味しいパン屋さんがたくさんあるけれど
由季子さんは やっぱり喜んでくださいました

パンを買ってハンター坂のハナタニさんでランチ
大切な友人と過ごすかけがえのない時間

そしてよう子さんの静かな青の世界に身を沈めた
なんとも ぜいたくな一日でした



e0134337_12194984.jpgサマーシュで購入したのは
いちばん好きなペイザンヌトースト
小気味いい酸味と香り
もっちりとした食感

ちょっとねじれているのは
万願寺唐辛子入りのパン
独特の香りが口中にひろがります
万願寺の香りは和食と直結するので
ちょっと不思議な感覚でした


e0134337_12201796.jpgナマコ型に焼いたパンドカンパーニュ

三宮のランスに立ち寄って購入したチーズ
スペインのアルスア ウジョア

はじめていただきます
むっちりと弾力のあるやわらかさ
朝ごはんによいですね
紅茶ともよく合います!

動物性のレンネットではなく
アーティチョークで凝固していると
オーナーの福田さんが教えてくださいました
ベジタリアンは特にこういうチーズを好まれるみたい
by cuillere1991 | 2013-10-28 08:00 |
豆苗が主役のきのこストックスープ
e0134337_11183713.jpg豆苗 窓辺の水耕栽培

豆苗は一度使ったあと 
豆の付いた根元を器にいれて
朝に夕に水換えをしていると
こんなに立派にそだちます!

みなさんもよくご存知ですよね

この成長ぶりをみるたびに
豆の中に蓄えられている力と
その生命力に 感動してしまう...


e0134337_1121187.jpgこれは1週間前の様子

1パックの豆苗は2つにわかれています

今回は食べた日に2日ほど時間差があったので
始めのうちは 
成長にも ずいぶんと差がありました


e0134337_11214657.jpgキッチンの窓辺にあるので
ついつい彩りにつかっていました
だってね 色もカタチもかわいいんだもの

でも先日のスープでは
豆苗ちゃんから抗議のメッセージを受け取ったので
その時のお約束を果たすべく今日は主役に

きのこストックのクリアースープを器に注ぎ
オリーブオイルでさっと炒めた豆苗をてんこ盛りに♡

ご満足いただけたようです
豆苗は炒めるのが美味しいね!
by cuillere1991 | 2013-10-27 11:40 | 日々のごはん
きのこストック の作り方
e0134337_10291591.jpg美味しいそうな椎茸の大袋をみつけたけので
買ってしまいました

美味しいうちに
美味しさを閉じ込めちゃおう

薄くスライスして
どんどん鍋にいれていきます

えのきみたいなのは
椎茸の軸を手でさいたもの
こうすると美味しい旨味もでるし
食感が突出しなくなりますよ


e0134337_10295886.jpg蒸し煮にすると・・・

ほうら こんなになっちゃいました
きのこはほとんど水分ですものね

水分がとんで
旨味がギュッと凝縮されたわけです

塩も加えているので保存性もあります
これが<きのこストック>


e0134337_10303083.jpg昨日の朝ごはんのスープ
これもきのこストックを使っています

いろいろ展開できるので
またUPしますね!!
by cuillere1991 | 2013-10-26 10:38 | 暮らしのメモ帳
私の一汁三菜 レポート
e0134337_956162.jpgほんの少し前までは
長袖がわずらわしく感じたのに
あっというまにウールが心地よくなりました

サラダ中心だった朝ごはんも
たっぷりの紅茶の温かみだけでは
ちょっとモノ足らず
そう!・・・スープの季節です!!

一汁三菜って 
和食にこだわらなくてもいいじゃない
と ずっと思っているワタシ
これから いろんなスタイルをupしていきますね


e0134337_9563612.jpg今朝は椎茸と玉ねぎのミルクスープ
もちろん昆布水ベースですよ
散らした豆苗は
水耕栽培 2度目の収穫

2度目となると少々か細くて
生のままでもいただけますが
香りはしっかりしていて
ワタシは豆苗よー とうったえているようです

彩り使いでは納得できないのね?
ごめんなさい
次は主役にさせていただきます!


e0134337_957271.jpg名残りのいちじく
まだ終わりではなかったんだ
よーく熟して 甘味がのっています
旬とは異なる成熟した美味しさって感じ♡

合わせたチーズは
長野県 アトリエドフロマージュのブルー

クセも塩気も香りもとってもおだやか
朝ごはんにはいいですね
でも今日のいちじくには力負け・・・
by cuillere1991 | 2013-10-25 10:15 | 日々のごはん
世界無形文化遺産登録へ大きく前進 和食
e0134337_8303725.jpgユネスコの補助機関が『和食』の世界文化遺産
登録への勧告をしたとのこと
これで正式に登録されることになるのでしょう

季節や自然、地域とともにある
伝統食や行事食、健康的な食ということが
評価されたようです

季節を尊ぶ日本の食 その情緒や美意識は
世界で比類ないものと誇りに思っています
(写真は京都 菱岩さんの秋のお弁当)

そして これからの和食を担ってゆくのは
家庭の料理であり
日々の暮らしで育まれるものだと思います



e0134337_831138.jpg『毎日和食を!』 と推進したところで
現実には うまくいきませんよね
多様性が今の日本の食の特徴でもあります

受け継がれてきた文化をいかに次の世代に渡していくのか
全ての分野においても大きな課題です

暖かで健やかな日常のごはん

和食 ・・・ 一汁三菜

これを今の食のスタイルに反映させながら
愉しい提案をしていきたいと
今 あらためて思いを強くしています!!
by cuillere1991 | 2013-10-24 09:10 | 暮らしのメモ帳
下鴨神社 はねず色の申餅(さるもち)
e0134337_17104673.jpg10月の晴れた土曜日に
京都 下鴨神社たずねました

お参りと云っていいのか
観光と云っていいのか
散歩と云っていいのか

とにかく散策日和の秋の日


e0134337_1794378.jpg鳥居から続く参道は
高い木々にかこまれ
清々しい空気が流れています

参道に入るまでは
汗ばむほどの陽気だったことが
うそのようです


e0134337_17133036.jpgこの木はいつからここにいるのでしょうか

やさしく厳かなオーラをまとっているように感じます

大きな木 って不思議


e0134337_17102395.jpgこんなに綺麗な流れも・・・

水辺はとくに涼しくて
心も落ちつきます
いつまでも眺めていたい


e0134337_17111933.jpg青く晴れ渡る空に
燦然とそびえ立っていました


e0134337_17114562.jpg傍らの茶店でいただける申餅
代々の宮司さんの口伝で継承されていたという
葵祭の名物が140年ぶりに復刻されました

小豆の茹で汁で搗くこのお餅
はねず色というのだそうです

はねずで染めた色があせやすいので
移ろいやすさをあらわすとのこと

生命が生まれる時間といわれる
明け方のほんの一瞬
薄あかね色にそまる
その空の色をさすそうです
by cuillere1991 | 2013-10-23 08:30 |
昆布水でピクルス 紅アズマとパヴェダフィノア
e0134337_20512462.jpg朝ごはんです
ベビーリーフサラダには紫玉ねぎのピクルス

自家製ピクルスは好みの味加減にできるのがいいですね
リンゴ酢:白ワイン:昆布水
これを同割りにするのが私のレシピ

昆布水を使うと
とってもおだやかな味になります

食卓が華やぐ 我家のおもてなしの定番
『ピクルス液をグラスで頂戴〜』
というリクエスト 多いんですよ 


e0134337_2052263.jpgまとめて蒸しておいた紅アズマ
大きく切り分けて こんがり焼きました

その傍らでとろけちゃってるのは
パヴェダフィノア 白カビチーズ

パヴェとはフランス語で石畳のこと
ちいさな立方体なのでサイズ感もイイ

塩分控えめ クセも少なく
朝ごはんでは果物とよく合わせます


e0134337_20522231.jpgわあい 熟成がすすんでとろとろ
スプーンで掬えばよいのだけど
全部は食べきれないのでカット

さて さつま芋との相性は?
・・・なかなかよろしかったでございます
間の手に葡萄ちゃん
これもよかった♡

トロトロなので脂肪分高そうですが
45%なのでご安心を!
by cuillere1991 | 2013-10-22 08:30 | ♡ チーズ
栗蒸羊羹 亀末広 竹裡
e0134337_204131.jpg飛び上がるほど嬉しい
秋の到来物

京都 亀末広の栗蒸羊羹 竹裡

栗に目がないワタクシ
(目がないものが多すぎますね)

この季節 栗モノに出逢うと
ついついお財布の紐が緩んでしまいます
デモこの竹裡は私にとって
かなり勇気の要るお買い物


e0134337_20132741.jpg雨のそぼ降る日曜日の朝に
それが舞い込んできたのです

朝ごはんの前だったけれども
とにもかくにも
早くいただきたくって
=おめざ=にいたしました

血糖値が急激に上がろうが
この際 関係ありません...


e0134337_205236.jpg心を落ちつけて
お抹茶も点てました

なんとも上品でいながら力のある
甘味が口中を漂います

おかげさまで
しあわせな休日の始まりとあいなりました

日本の秋に乾杯♡
by cuillere1991 | 2013-10-21 08:30 | お気に入り
秋は大忙し ー 後編 熊本紅アズマと里芋
e0134337_12521698.jpg黒大豆枝豆朝ごはんの日
熊本に越した元スタッフの京子ちゃんから
紅アズマと里芋が届きました

一昨年 頂戴した里芋がとびきり美味しくて
お願いしています

お芋類のなかでは海老芋と里芋に目がないんです

紅アズマははじめましてだー!
とりあえず蒸してみよう


e0134337_12524882.jpgほっくり蒸し上がりました!
ほくほくです
なると金時とはぜんぜん違う

このほくほくした持ち味を生かしながら
一手間かけるとしたら

どんな料理がいいかしら・・・


e0134337_1253950.jpg続いては里芋
2種類あるようで 
海老芋のような里芋は含め煮することに

まずは下茹で
米ぬかを加えて色白ちゃんに仕上げます


e0134337_12565361.jpg出汁は昆布水と仔牛のブイヨン

一番出汁に含ませると和食に限定されるけれど
これは昆布水ベースのやさしい風味なので
和洋中と展開できます

楽しみだなー
うひゃひゃ


e0134337_12571799.jpgもう1種類の里芋は下茹でしないで
鶏肉とあわせて煮っころがしに

煮汁がほとんんどなくなれば
天地返しをして仕上げます
つやつやーー

炊きたてごはんと今 食べたい!
by cuillere1991 | 2013-10-18 13:20 | 暮らしのメモ帳