<   2013年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
亥の子餅で無病息災を願う・・・
e0134337_12304257.jpg旧暦10月 初亥の日の亥の刻に
お餅を食べると万病を防げるという
古代中国の言い伝えをもとに
平安時代の宮中行事から民間へと広まった風習

7種の粉(大豆、小豆、ささげ、胡麻、栗、柿、砂糖)
を使って猪の子の形に作るのだとか

10月から11月の京都の和菓子店では
さまざまな亥の子餅が作られます

これは鍵甚さんの亥の子餅
銀杏、柿の実がコロコロ入っていて
いちばんのお気に入り♡
by cuillere1991 | 2013-11-30 12:43 | 暮らしのメモ帳
京都川口美術 市川孝 花遊びの道具展
e0134337_141291.jpg京都 下鴨神社の近くにある川口美術さん
11月27日より催されている
<市川孝 花遊びの道具展>

川口美術さんは朝鮮家具・韓国骨董がご専門なのですが
ギャラリーでの企画展は多岐にわたり
いつも愉しいご案内を頂戴します

わたしの大切なギャッベ(イラン遊牧民の織物)
との出会いもこちらでした

伺ったとき ちょうど市川さんがご自身の茶器で
中国茶を振る舞ってくださるところでした

奥のお花は花遊びのために準備されたもの
秋の深山が目に浮かぶようです


e0134337_1413626.jpg朝鮮家具に展示された市川さんの器
みたて 西山隼人さんの花あしらい
そんな空間で戴く美味しいお茶
心豊かなひとときをすごさせていただきました

ところが このあと
川口さまの命を受けて
平山がみなさんにお茶を淹れることに

中国茶・・・汗
ちゃんと習ったことないのだけど

美味しいお茶が淹れられますようにと
一生懸命 むきあいました
by cuillere1991 | 2013-11-29 14:27 | 暮らしのメモ帳
朝ごはん あわただしい朝
e0134337_8324715.jpgこんな朝ごはんもあります

ヨーグルトに柑橘果汁
今日は直七 ぶしゅかん 柚子をミックス
複雑な香りと風味になりました

紅玉林檎
今朝はコーヒー
カップドリップタイプで時間短縮
まちむら農場のプリン

朝食を済ましたらささっと支度して京都へ!
by cuillere1991 | 2013-11-29 08:40 | 日々のごはん
朝ごはん 春菊のスープ
e0134337_19535089.jpg高知の元気野菜 続編
春菊です 関西では菊菜といいます

香りと味がしっかりしている肉厚の葉
なのに生で食べると抜群に美味しい
ほんのり塩味を感じ
やわらかな甘味も感じます

今朝はスープに
ほんの瞬間 さっと湯がいて
葉はザクザク 茎は細かめに刻んでピュレにし
昆布水と鶏のやさしい味のブイヨンと合わせて
牛乳をほんの少し加えただけ


e0134337_19542429.jpgひと口いただくと
春菊の香りが口中いっぱいに広がります

あー♡幸せ
加熱しても香りも色も損ないません
力のある野菜はすごいです

朝ごはん少なめ・・・?

いえ スープはおかわりしてたっぷり2杯
いつもの林檎は支度しながらかじっちゃいました
by cuillere1991 | 2013-11-28 08:28 | 日々のごはん
朝ごはん サラダの色にみとれる
e0134337_1825697.jpg高知から届いた元気野菜

瑞々しくって味の濃ーい胡瓜

塩でもんで乱切りに
ディルと美味しいお塩
今年搾り立てのExv.オリーブオイルでマリネ

からし菜の上に盛りつける

なんてきれいなんでしょう
いただく前に しばしみとれてしまいました
cuillereの栗鉢もいい!


e0134337_18262023.jpgそのままの野菜が食べたくって
またまたサラダの日となりました
茹でたてわんぱく玉子とたっぷりの紅茶の
温かさがしみいります・・・

今朝のヨーグルトには
ベルガモットシトロンの果汁をたっぷりしぼりました

ベルガモットシトロン
あまりに美しすぎてお部屋で眺めたいたら
追熟しちゃって香りがやわらかになってきました
あの鮮烈な香りでデザートに挑戦したかったのだけど
やらかしてしまいましたね
まっ 充分に目で愉しんだから いいよね♡


e0134337_18264577.jpg今朝のチーズ 
ランゲリーノ
牛と羊の混乳の白カビ

あっさりしていて食べやすい
朝ごはんにいいな
りんごもともよくあう
あっ 胡桃も
ローストしたのがあるある!


e0134337_9174196.jpgベルガモットシトロン
こんなふうに飾っていました

ねっ 
ずっと眺めていたかった気持ち
わかるよね?

この柑橘で香り付けしたのが
アールグレイティーです

ベルガモットにナイフをいれた瞬間に
溢れながれる高貴な香り ・・・
それはそれは すばらしいんです
by cuillere1991 | 2013-11-27 09:10 | 日々のごはん
秋の京都散策 大正時代の洋館
e0134337_8164831.jpgオリーブオイルテイスティングWS無事終了

ご参加くださったみなさん(男性2名ふくむ)に
愉しんでいただけたようでホッとしました

私の大好きなオリーブオイルの本当の美味しさ
味わいの愉しい魅力が伝わることが喜びです

そのあと 秋の京都散策
名所での紅葉狩りはできなかったけれど
すてきなところに案内していただきました


e0134337_8172115.jpg錦市場のすぐ近くにある建物
もとは木綿問屋さんだったとのこと

こちらの洋館は迎賓館だったみたい
細部までのこだわりように
驚きの連続です


e0134337_8174577.jpg2階へ続く階段
タイルも壁もすてき

2階は時おりギャラリーとして
使われるそうです

お部屋はまさしく迎賓室
そして2階の扉から
母屋へと続く通路があるのです


e0134337_818920.jpgこちらは店舗だった棟
今はレストランとなっています

インテリアも食材もこだわっておられます
ちょっと入りにくいですが
実はオープンキッチンで
気軽にお食事できるんですよ

ランチの御膳もおいしくいただきました
今度は夜に伺って石釜でお野菜を焼いてもらおう!


by cuillere1991 | 2013-11-26 08:30 | 暮らしのメモ帳
オリーブオイルテイスティング
e0134337_18222422.jpg11月25日に京都でおこなう
オリーブオイルテイスティングのワークショップ
休日返上でその準備中

テイスティングでは
はっきりした個性のオリーブオイルを揃えると
違いをわかってもらいやすいのですが・・・

このオイル集めがけっこう大変なんです
日本ではマイルドなタイプのオリーブオイルが多く
加えてコンディションのいいものが少ないのです


e0134337_18221297.jpg2013年絞り立てのオリーブオイル
いわゆるヌーヴォーですね
お抹茶入り煎茶のようなグリーン

ワークショップ前日にイタリアから入荷
ギリギリセーフで買いに走りましたっ

この季節はやはり
絞り立てを味わって欲しい

間に合ってよかった!!
参加してくださる方の反応がたのしみ♡


e0134337_18223398.jpg梅田阪急地下2階
OLIVOの店長 沼田君

なんと
オリーブオイルソムリエ同級生
びっくりしたー
イタリアでのコース受講以来 
4年ぶりの再会です

OLIVOは量り売りスタイル
試飲できるので安心してオリーブオイルが選べます

搾り立てオリーブオイル
これからどんどん入荷してくるそうですよ!
by cuillere1991 | 2013-11-25 08:00 | 教室
舞子公園 明石大橋を見上げる
e0134337_2134528.jpgお仕事で舞子公園へ
淡路島や四国へ行く時には
いつも通る明石大橋
こんな角度から見るのは初めて!!

感動の声を上げてしまいました
夕陽が美しい
風の強いことに驚きましたが
今日はおだやかな方なんだとか・・・

舞子公園には重要文化財の孫文記念館や
コロニアル様式の旧武藤山治邸 
登録有形文化財の旧山下家住宅
なども移築されています
by cuillere1991 | 2013-11-23 08:30 | 暮らしのメモ帳
朝ごはん はちきんルッコラとわんぱく玉子
e0134337_9384798.jpg今朝のごはん 
スープはなくてサラダの日

朝 冷蔵庫を開けたら
ファームベジコさんのルッコラが
『早く食べてー』
と訴えてきたので♡

cuillere栗鉢いっぱいに盛りこみました
この器 包容力あります!


e0134337_9423597.jpg長崎さんのお野菜はパンチが強い
ルッコラも香りはもちろん 辛味もビシビシ 
いわゆる土佐の<はちきん>ルッコラ?
もしもルッコラが女子だったらね

辛味とのバランスをと
生ハムを合わせましたが
ふっと思いついて 胡瓜のソースをかけてみました
もちろん長崎さんの胡瓜です

これがっ 
いいのです! とっても美味しい
<はちきん>には<はちきん>なのかも・・・


e0134337_9482298.jpgこちらは山形のわんぱく農場の玉子
絶妙の半熟にでき上がりました

わんぱく玉子は白身がほんとに美味しい
黄身には粟国の塩と
カンポットペパーを散らしましたが
白身はなーーんにも要らない!
しみじみ美味しいのです

わんぱく農場オーナーの松浦さんも女性
こちらも美しい方です
長崎さん、松浦さん、美味しいものを育てる人は
みな美しいのかもしれない
by cuillere1991 | 2013-11-22 10:00 | 日々のごはん
レジス・マルコンSpecial賞味会@メゾン・ド・ジル
e0134337_857416.jpgレストラン『レジス・エ・ジャック・マルコン』は
人口たった200人の村にあります

ミシュラン★★★を2005年に獲得したオーナーシェフ
レジス・マルコン氏は <きのこの魔術師> といわれ
芦屋メゾン・ド・ジルの高山シェフが
最も尊敬するシェフだそう

そんなお二人の奏でる美食の響宴にお誘いいただきました
こんな機会は!!と全品写真にもおさめました

マルコン氏の笑顔
温かなオーラをまとっていて うっとりするほどすてき
高山シェフも佳い笑顔


e0134337_942829.jpg茸のブルーテ カプチーノ仕立て
カリッとやいた薄いパンに
生ハムと甘いトリュフをのせて


e0134337_945856.jpg燻製の香る帆立貝柱とういきょうのクリーム
森の茸を敷き詰めて


e0134337_952838.jpg栗の葉で包んだセップ茸
セップのサバイヨンと共に


e0134337_955495.jpg平目のポワレ 栗の鱗仕立て
赤キャベツと青りんご
菊芋のピューレを添えて


e0134337_962185.jpg茸のコンソメ タネジ風味


e0134337_964327.jpgセップ茸のプラリネをのせた黒毛和牛のポワレ
季節野菜と一緒に
牛ほほ肉と玉ねぎのガトー添え


e0134337_97628.jpgデザートへの誘い
柚子風味でした


e0134337_973349.jpg温かいバナナと洋梨
モリーユ茸のキャラメル
冷たい洋梨のソルベと合わせて


e0134337_975724.jpgお茶菓子


e0134337_982256.jpg茸のマカロン!!
by cuillere1991 | 2013-11-21 09:20 | 暮らしのメモ帳