<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2013年 ありがとうございました
e0134337_8305367.jpgいよいよ大晦日
リビングルームの時計を外し
紫舟さんに書いてもらった
『福』をかける

明日から始まる新しい年
日々を愉しみながら
精一杯 むきあっていきたいな

料理教室は1月9日よりはじまります
試作も順調にすすんでいますよ〜

モロッコをイメージしたメニューの予定
あの旅から 10年になる

はやいはやい・・・
大切にすごさなくっちゃ ね

これからもよろしくお願いいたします
by cuillere1991 | 2013-12-31 08:44 | 暮らしのメモ帳
寒ーーい夜 ♡ 家飲みごはん
e0134337_1942329.jpg冷え込んでいます 雪が舞う神戸

仕事が捗ったんだか 
捗らなかったんだか
よくわからない一日

でも寒すぎるので
今日は思い切り早く切り上げて
ゆっくりごはん

寒ブリの照り焼き
お豆腐と大根の炊いたん
ブロッコリー
器に対してちょっと大きすぎでしたね


e0134337_1953225.jpg京都 野呂本店のお漬け物

胡瓜に山ごぼうを射込んだ
青てっぽうも美味しいけど
冬ははこれかな
大根に青紫蘇と生姜


e0134337_195559.jpgフェルミエから届いたチーズ

フルムタンベール
いいコンディション♡
ワインがすすんでしまうーー


e0134337_1963093.jpgシメはこちら

さて なんでしょ?


e0134337_197055.jpg麩まんじゅうでした

麩嘉さんのは
やっぱり美味しいな

雪が積もっても
道が凍っても大丈夫
だってお家だもんね
by cuillere1991 | 2013-12-28 19:23
滋賀を巡る旅 ②&Anne
e0134337_10374969.jpg彦根にある洋菓子と本のお店
&Anne
こちらも ずっと行きたかった

堀井和子さん
モーネ工房の井上由季子さんが
グラフィックデザインでかかわられたお店

看板はこちら
小さいけれど
存在感があり 
ふっと引き寄せられます


e0134337_112131.jpgなんだかパリにある
ほどよくモダンな雑貨屋さんみたい

店内のディスプレイもすてきで
洋菓子は買って帰りたいものばかり

でもこのあと
京都での年末の買い出しが控えているので
泣く泣くがまん

あー カフェスペースがあったら...

どうしてもがまんできなかった
ファーブルトン
ひとつだけ購入して
電車のなかで頂いちゃいました

美味しかったーーー


e0134337_10385793.jpg滋賀を案内してくださった
奥田由味子さんが
ガーデンスペースを担当されています

今日はお正月に向けたアレンジメントの作業

最後はお飾りを施されるとのこと
どんな仕上げになるのかな?


e0134337_10392264.jpg由味さんの作業の間
本を閲覧していたら
あっという間に時間が・・
魅惑的な本ばかりです♡

こちらは
由味さんの作業を労うマダムのお茶
私もご相伴させていただきました

カモミールティとほろほろナッツのクッキー

このスペースでは
ワークショップがおこなわれるそうです
by cuillere1991 | 2013-12-28 11:15 |
滋賀をめぐる旅 ①vokko
e0134337_2221536.jpg滋賀在住の奥田由味子さんに
とっておきの滋賀を案内していただきました

由味さんはガーデンデザイナーで
ワイヤークラフト作家でもある
センス抜群のすてきな女性

ここはvokkoさん
前からずーーっと行きたかったお店

北欧のテーブルウェア
日本の作家さんの作品
お洋服もあつかっているカフェ


e0134337_22222084.jpg大きな窓に面したソファに座って
ゆったりしたきもちでお茶をいただきます
芝生の向こうは琵琶湖
風が強く 白波がたっています

選んだのはエチオピアの珈琲と洋梨のタルト

まずは珈琲の美味しさにびっくり
苦味はないのにとても深い味わい
爽やかで好ましい酸味の余韻が広がります

タルト生地はとっても軽く
しっとりしたアーモンドクリームは甘味ひかえめ
洋梨の味と香りが際立ちます

ああ お家のちかくだったら
通い詰めそう・・・
by cuillere1991 | 2013-12-27 22:41
朝ごはん 昔ながらの塩鮭がすき
e0134337_1135548.jpg和の朝ごはん
ひさしぶりです

まだ お仕事は残ってるけれど
12月の教室が終了して
なんとなく ゆったりした気分


e0134337_11362724.jpg焼くと塩がこんなに浮いてくる
昔ながらの塩鮭
たまぁに食べたくなります

京都 錦市場 木源さん
通りかかると
つい買っちゃう

一切れ全部は無理だけど
ほんの少しだけ
すきなんです


e0134337_11365499.jpg熱ーーーいお湯をかけて
おろした生山葵を添えて

お煎茶よりも沸かし立てのお湯がいい
生山葵はもちろんおろしたて


e0134337_11371848.jpg生麩も錦市場で購入
麩嘉さんの やっぱり美味しい

バターでこんがりと焼いて
お醤油とみりんをからめる
美味しいんだなー
by cuillere1991 | 2013-12-26 11:41 | 日々のごはん
クリスマスランチ@メゾン・ド・ジル
e0134337_1383794.jpgクリスマスランチ
@芦屋メゾン・ド・ジル

アミューズがかわいくて
思わずパチり

高山シェフ ラブリーです♡

大きな松ぼっくりを
ツリーに見立てるアイデア いいですね

降り積もった雪に
スパイスが交じっているのもすてきでした


e0134337_1385743.jpgメーンはリクエストしていた小鳩
鳩は大すきなジビエのひとつ♡

高山シェフの手にかかると
とても上品なひと皿になります

高山シェフの塩の決め方は
いつも私のストライクゾーンど真ん中

ビーツのピュレと乾燥パウダー
胸肉の上に散らした
紫蘇の花の香りが
絶妙なアクセントになっていました
by cuillere1991 | 2013-12-25 09:49 | 暮らしのメモ帳
休日のランチ オリーブオイル昆布のトマトソース FAELLAのパスタ
e0134337_10262088.jpg日曜日と月曜日
久しぶりの連休でした

日曜日はPC指導のお礼ランチ

きのこのタルティーヌ
ファームベジコのブロッコリー
昆布水で茹でましたよ
生ハムとサラミ オリーブ
お気に入りのレモンオイルをたっぷり


e0134337_10285089.jpgオリーブオイル昆布で
玉ねぎとにんにくを
炒めて作るトマトソース
旨味が増して
ふくよかな厚みのある味わいになります

軽い生クリームをほんの少し加えて
具材はズッキーニのみ
シンプルなのに
めちゃくちゃ美味しい!!
・・自画自賛でシツレイ

仕上げはグラナパダーノチーズ


e0134337_1027688.jpg翌日のランチ

同じソース
同じズッキーニだけど
ロングパスタにあわせて細切りに
水牛のモッツアレラチーズを
細かく刻んで加えました

お塩がほんの少し足らなかったな...
軍配は昨日のパスタに!


e0134337_1043962.jpgでも麺の具合は最高でした

とっておきのパスタ
FAELLAを使ったんだもの!

もちもちとしたコシがあり
表面がザラザラなので
ソースのからみがバツグン
小麦の味もしっかり楽しめます!!
by cuillere1991 | 2013-12-24 10:46 | 日々のごはん
エシレにやられたー こんなのが大すき!
e0134337_1943817.jpg東京のおみやげに頂戴しました
エシレの焼き菓子だってーー

箱もすてき
なんともいい具合に細い
シャンパンゴールドの
リボンで結んであったのだけど
早く開けたくて
ほどいてしまいました


e0134337_195462.jpg箱を開けると
とっても魅惑的な
香ばしく甘いバターの香りが
ほわーっとただよいます

朝いちばんに並んでくださったそうです
ありがとうございます
ただただ 気持ちが嬉しい♡


e0134337_195246.jpgわあー びっくり

そのまま入っているんだ!!
こんなのが大すき!!

焼きあげたのを詰めましたよー
というメッセージをしっかりキャッチできます

脱気パックは日持ちするんだけど
お味はもちろん 風情もなくなりますよね

アルミホイルで包んで少し温めて・・とありました
バターの香りがよみがえって
焼きたてのようにいただけます!
by cuillere1991 | 2013-12-21 19:20 | お気に入り
取り分け奉行 盛りつけ修行
e0134337_9563893.jpgビストロやとトラットリア
居酒屋などで集まる機会が多い季節ですね

大皿で出される料理は愉しくて大すき
でも わいわいスタイルの食事は
お喋りに夢中になったり 遠慮があったりで

お皿の中でかきみだされてションボリしている料理
残されてゆく料理が可哀相で
気になって気になって
お喋りどころではなくなってしまうんです

なので
おせっかいになってしまうかもなのだけど


e0134337_9571024.jpgみなの分もいっぺんに取分けてしまう
『取り分け奉行』と名乗らせいただいてます

もちろん声をかけて
苦手なものや少なくして欲しいものなど
リクエストをお受けします(笑)

手早くがパパッとが大事なので
完璧とはまいりませんが
これがけっこう盛りつけの修行になるんです!

トレビスと苺の空間が気になるけど
バランンスわるくないでしょ?
by cuillere1991 | 2013-12-18 10:15 | 暮らしのメモ帳
cuillere 木の器シリーズ 栗の大皿
e0134337_719152.jpg木皿 鉢 匙などカトラリーいろいろ
増えつつあるcuillere木の器シリーズ
試作中のアイテムもたくさんあります

これは大皿の試作品
栗の材から切り出すので
大きなもので直径30cm

陶器はこのサイズになると重くなって扱いづらい
薄いものはデリケートで割れやすい

木の器は軽くて扱いやすく
ひとつひとつに表情があるのも魅力
食卓になんともいえないあたたかみを運んでくれます
by cuillere1991 | 2013-12-17 08:15 | お気に入り