<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
キュイエールツアー 12
いよいよ料理教室!
ピエモンテ地方の郷土料理を習います

材料が並んでいるだけでも素敵
先生はこのアグリーツリズモに併設する
restaurantBのバルベラシェフ
穏やかな空気をまといながらも厳しく
ウイットを効かせた楽しい説明で
楽しくレッスンは進みます!

メニューは
洋梨とくるみのタルトフォンデュータソース
じゃがいものニョッキ サルシッチャのソース
ノッチョーラのケーキ(ヘイゼルナッツケーキ)
日本から持参したエプロンを身につけ
みんなで楽しくつくりました


e0134337_134339.jpg


e0134337_1345950.jpg


e0134337_1352317.jpg


e0134337_1354667.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-25 13:07 |
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 11
バローロを後にし
カネッリ郊外へと向かいます

これからアグリツーリズモに2泊します。
アグリツーリズモとは農家を改装した宿泊施設。
基本は家族経営で、地元の食材を使った郷土料理を提供してくれます。

今回はここでピエモンテの郷土料理を学ぶ料理教室をお願いしました。
ヒラヤマたっての願いで、ヘーゼルナッツのケーキをリクエスト!

到着した時は陽も暮れて…
朝は7時を過ぎてもまだ暗い
ようやく明けてきました

さぁて どんな景色
どんな1日が待っているのでしょうか?
わくわくです!


e0134337_10173556.jpg


e0134337_10173651.jpg


e0134337_10173727.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-21 10:00
北イタリア キュイエール秋の実りの旅ー10
葡萄畑を愛でながらランチを楽しんだ後は
モンフォルテ村のワイナリーへと移動。
AZIENDA AGRICOLA FEBALUNA
無農薬の葡萄を使っている作り手さん。
10室の客室、宿泊施設も備えたアグリツーリズモでもあり
テラスから素晴らしいピエモンテの景色を眺めることができました。

まずはワイン作りの工程の説明を聞きました。
コルク材ができるまでは
とうもろこしの皮を栓につかっていたことなど
楽しく学べました。

さてさて 眺めのよい部屋でBaroloワインのテイスティングです。
自家製サラミも美味!
グラッパや食後酒もいただきました。

少し甘いこちらの食後酒。
Baroloワインから造られています。

なんの風味かな?
CHINATOだって
通訳のマルコさんもわからず、
みなで辞書をひいたらキニーネとありました。

『マラリアの薬になるんだよねー』
と言いながら 少しずつ味見
『美味しい〜』
おやおや?
ランチでいっぱいだったお腹がすっきり
やはり食後酒は食後に戴くものなんですね

日本のレストランではなかなか食後酒まで至らないんだけれど
このように体験することが旅の醍醐味だなと
感じ入るヒラヤマなのでした。

e0134337_183848.jpg


e0134337_1844370.jpg


e0134337_185475.jpg


e0134337_1852754.jpg


e0134337_1854941.jpg


e0134337_1861317.jpg


e0134337_1863454.jpg


e0134337_1865897.jpg


e0134337_18729100.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-20 07:03 |
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 ⑨
バローロ村
ネッビオーロ種の葡萄畑を見渡すレストラン
LOCANDANELBORGO "MASSIMO CAMIA RISTORANTE"
ミシュラン1★
モダンシックな店内
シンプルな室礼が
ピクチャーウインドウの
晩秋の葡萄畑を際立たせています
壁の絵画が全てバットマンだったのは謎・・・

客層は二人の時間を愉しむカップル 
パワーランチのビジネスマン
ワンちゃんを足下に従えた革ジャン男子
日本のランチ事情とは異なりますねー

12名の団体客にも素敵な笑顔で対応してくれたマダム
心地よいサービスは心地よい食事の必須条件ですね


e0134337_19222488.jpg


e0134337_19231367.jpg


e0134337_19234240.jpg


e0134337_19241785.jpg


e0134337_1927175.jpg
e0134337_19245125.jpg


e0134337_19252294.jpg


e0134337_19254993.jpg


e0134337_12441634.jpg


e0134337_1928847.jpg


e0134337_19283655.jpg


e0134337_19293437.jpg


e0134337_19295934.jpg


e0134337_19302735.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-15 19:31 |
北イタリア キュイエール秋の実りの旅⑧
イタリアの都市はそれぞれ個性的だけど
トリノはシックなカフェが魅力のひとつ
イタリア中にあるバールとは趣を異にする
老舗カフェで愉しむ夕暮れのひととき 。


e0134337_9453997.jpg

チョコレート発祥の街 トリノ
有名なのは「ジャンドゥイオッティ」
(へーゼルナッツ味のチョコ)や
チョコレートとコーヒを合わせた飲みもの
「ビチェリン」


e0134337_9454132.jpg


こちらはジャンドゥイオッティを20個使った
ホットココア
クレームシャンティがまた美味しい!!


e0134337_1991887.jpg


ワタクシのオーダーはこちら
カフェマッキアート
エスプレッソにミルクが少しだけ
ヒラヤマが好きなSTYLE


e0134337_1983811.jpg



マクドナルドもシックです
e0134337_9454150.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-12 09:33
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 ⑦
チーズ工房見学です
最初はレクチャー
ここは数年前までグラナパダーノチーズを
生産しておられましたが
凝固剤を動物由来のレンネットから
植物性にシフトして新たなスタートをきられました
チーズ倉庫は圧巻
ハラールチーズがあったのが
オドロキでした
恐るべし ハラールビジネス・・・

次に牛舎を見学
白衣 マスクを着用して
チーズ製造過程も見学

最後は試食 ヒラヤマはチーズ1.5kg お買い上げ〜


e0134337_657542.jpg


e0134337_70433.jpg


e0134337_704897.jpg


e0134337_713717.jpg


e0134337_71323100.jpg


e0134337_1483860.jpg


e0134337_714455.jpg


e0134337_1461876.jpg


e0134337_715410.jpg


e0134337_7153129.jpg


e0134337_716420.jpg


by cuillere1991 | 2014-11-10 15:54 |
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 ⑥
北イタリア ピエモンテ 2日目
本日はチーズの日!!

前日の白トリュフマーケットで地元のチーズを購入

『これ 食べたい!!』
と感じたチーズをみなさんにも食べてもらいたくて
朝ごはんに合うチーズを選びました
パッケージも可愛くってほんわかしますね。

『チーズ食べたい人は7時半に朝ごはん〜』
とお伝えしたら全員集合??


e0134337_6515161.jpg


こちらはやや固めのタイプ
牛と羊の混乳チーズ
はちみつと胡椒を添えていただくと
さらに美味しくなりました


e0134337_6522040.jpg


こちらはとろ〜りクリーミー
牛、羊、山羊の混乳チーズ
心地よい薫り
フレッシュの洋梨とともに
うーーーん 美味しい


朝食を終えてトリノを出発
ブラへと向かい チーズ工房の見学です!
by cuillere1991 | 2014-11-08 06:59 |
2014年11月料理教室 蕪のすりながし 白トリュフの薫り 豚肉とかぼちゃ セミフレッドと梨キャラメリゼ
ようやくイタリアでの初日レポートが終わりました
全部で9日間の旅 いつまで続くのかしら?
おつきあいくださいますでしょうか?

しかーしっーーー
11月の料理教室も始まっております
イタリア旅は一日お休みして教室レポートに
って 他もみな途中で終わってますねとのご指摘も・・・
すみませんーーー

11月献立はイタリアから連れて帰ったおみやげたちを
組み入れて構成しています


e0134337_1005289.jpg


赤と緑を効かせるとクリスマスとかぶるので
オレンジ色や小菊をアクセントにして
秋の収穫祭をイメージに
可愛くなりすぎないように取合わせるのが
キュイエールSTYLE


e0134337_1011185.jpg


オレンジ色の果実はかぼちゃではありません
茄子の一種です
香川県の生徒さんから頂戴しました
絵になる和胡桃は金沢のマロネーゼさまから♡


e0134337_1013563.jpg


みなさんが驚く
鶏のささみのしっとりサラダ
ソースもオススメ
卵黄の入らない大人マヨネーズといいった仕上がり


e0134337_1015655.jpg


香川 高松サヌキス本店さんから届いた
美味しい美味しい琴南の蕪を
すり流しスープに
潰したての黒胡椒と・・・
白トリュフのオイルをたっぷり


e0134337_1013166.jpg


おみやげ第一弾
白トリュフオイル
トリノのスローフード博
サロネデグストで購入


e0134337_1022278.jpg


メーンはシンプルに
おうちで すぐに作れるレシピです
マスタードとコルニッションは
こだわりのものを使うのがコツ
味が一気にアップグレードされます??
かぼちゃの香草蒸し焼きは
これひと品でも美味しい前菜になりますよ


e0134337_102509.jpg


おみやげ第二弾
ピエモンテの特産品
ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)

ミラノのイ・イタリー御殿で発見した
カルダモンのシュガーコーティング
イタリア製でございます〜


e0134337_1031058.jpg


これらをデザートに使います
バニラとヨーグルトのセミフレッドに
梨のキャラメルソテー
晩秋のごちそうてんこ盛りです
by cuillere1991 | 2014-11-07 10:38 | 教室
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 ⑤
まだ一日が終わりませんーー
なんて盛りだくさんなんでしょう!!

トリュフ狩り見学の後
小高い丘にある老舗ホテルへ移動
さきほどの白トリュフを試食します

BELLAVISTAホテルは旅籠といった風情で
教会の前にたたずんでいました
バスを降りて坂道を登り教会前の広場に着いたその瞬間
鐘が鳴り響きました
ここでもまたイタリアの神さまに微笑んでいただいたようです

ホテルの名前とおり レストランからの眺めが素晴らしく
何気ないテーブルセッティングも
ぴしっと調えられていて
迎えてくださる方の気持ちが伝わるようで
ぐっときました
窓からの景色こそがいちばんの演出でもあるわけですが
テーブルセッティングのいちばん大切なことは
装飾的に作り込むことではないんですよね
気づきがたくさんありました
やっぱり 旅っていいな


e0134337_7171229.jpg


e0134337_7174277.jpg


e0134337_7181487.jpg


e0134337_7183964.jpg


e0134337_720355.jpg


e0134337_7202716.jpg


e0134337_7211147.jpg


e0134337_7221083.jpg


e0134337_7224378.jpg
by cuillere1991 | 2014-11-06 07:24
北イタリア キュイエール秋の実りの旅 ④
愉しみがてんこ盛りのcuillereツアー
今回ヒラヤマが特にたのしみにしていたのが
コチラ! トリュフ狩り見学

トリュフラウ(トリュフハンター)とトリュフ犬による
トリュフ狩りの様子を見学するというもの

狩りって? 採りではないの??
でも ワンちゃんをつかって
白トリュフを獲りにいくのだから
やはりトリュフ狩りじゃないかな

トリュフラウのアルドさん
なかなかの存在感&役者ぶりであります
トリュフ犬はマーラちゃん
8歳女子 5ヶ月の時から訓練していたらしい
なんとも目が優しくってかわいい


e0134337_1743287.jpg


バローロ村
ネビオーロ種の葡萄畑を抜けて


e0134337_1745950.jpg


森へと・・・


e0134337_1752174.jpg


e0134337_1755525.jpg


トリュフラウの証
ステッキ
先は金属製のヘラになっています
低音の口笛のような合図で
マーラちゃんに指示を出しながら
森を歩きます


e0134337_1761410.jpg


ここ掘れ わんわん


e0134337_176567.jpg


ステッキの先で大まかに掘って
後は手作業
掘り出したら
土をもと通りに、枯れ葉で覆います


e0134337_1772169.jpg


収穫は2個
マーラちゃんは たっぷり褒めてもらって
おやつを貰って・・・
アルドさんもご満悦の様子


e0134337_1774827.jpg


ふと見上げると
照り葉 
10月末のピエンモンテとは思えないほどの快晴に映えます


e0134337_1781051.jpg


by cuillere1991 | 2014-11-04 17:15 |