久しぶりに ぶらり京都
まだまだ残暑の厳しい 京都
暖簾をくぐれば
しっとり苔むした前栽には 打ち水
涼しい待合 小さな硝子で供されたのは
ほんのり甘く キリッと冷えたゆず茶
秋の気配を盛り込んだ お料理。
身近な素材が 一流の技で 息を吹き返す
いや 新しい命を吹き込まれたような 品々。
室礼、心配りを含めて 日本料理の素晴らしさを堪能したお昼のひとときでした(^-^)
e0134337_16274636.jpg



by cuillere1991 | 2016-09-05 16:15 |
<< 器とお花変わると… 2016 9月 料理教室 >>