カテゴリ:日々のごはん( 184 )
お弁当 
11月-③

e0134337_10572637.jpg・チェダーチーズ入りたまご焼き
・大根葉とじゃこの胡麻炒め
・甘酢れんこんのオカカまぶし
・自家製佃煮
・もちきび入りごはん

ボリュームにかける今日のメニュー
せめてとたまご焼きにチーズを入れてみました。




12月-①
e0134337_1163348.jpg・薄切り豚肉の生姜焼き
・ドライトマトとパセリのオムレツ
・セロリの香味炒め
・ふりかけ


たまご焼きに人参とえんどうを入れて赤い色のおかずに と考えていたのに人参がない。
赤いもの、赤いものと冷蔵庫を探すと・・・
ありました!! ドライトマトです。
ドライトマトはみじん切り、イタリアンパセリもたっぷり刻み込んで牛乳少々、塩こしょうで味をつけてオムレツ風たまご焼きに。
なんだかバラバラした味のとり合わせだけど、まあこれもいいかな。
by cuillere1991 | 2008-12-07 11:18 | 日々のごはん
お弁当 

11月-①
e0134337_17181861.jpg・鶏肉とうずら卵の柚子味噌煮
・いんげんの胡麻よごし
・えのきと人参のさっと炒め
・ふりかけ

昨日はおでん
到来ものの銀杏を炒って殻をむき
うずら卵と串にさして秋を盛り込みました。
というわけで残ったうずら卵がお弁当に登場。
おでんの煮汁で炊いただけでは夜ごはんの続きになりそうなので
柚子味噌を加えて煮汁を片栗粉で留めます。
お弁当は甘辛・鹹・酸の3つの味でく組み立てるようにしています。
えのきと人参は油でさっと炒めて薄口醤油少々、柚子果汁をしっかり加えて炒め酢の物みたいに仕上げてみました。



11月-②
e0134337_17281872.jpg・鶏肉とえんどうのピリ辛煮
・はやと瓜のきんぴら
・切り干し大根の煮物
・ゆかり

またしても鶏肉・・・
味を変えねばマンネリだぞと豆板醤でピリ辛味に。
はやと瓜は生でよし、糠漬けによし、炒めてよし!
大好きな野菜なのですが、関西ではあまり売られていないのが残念。
今日の大根は切干しではなく長崎のゆがき大根といって
茹でた大蔵大根を天日乾燥したもので とてもやわらかい。
有機の大根が手に入ると皮で切り干しをつくるのですが
冷たく乾いた風が吹くまで自家製はお預けです。
by cuillere1991 | 2008-11-16 18:09 | 日々のごはん
お弁当 その後

10月-②
e0134337_13552475.jpg ・ピーマンの牛肉巻き
 ・まこもと人参のきんぴら
 ・かぶの葉とじゃこの香り炒め
 ・ゆかり

まこも ・・・ 飛騨の道の駅"はなもも"で購入
いったいこれが何者なのかわからないまま ただただ好奇心で買っ   てしまう。キンピラ、サラダに と袋に書き添えられた一言をたよりにきんぴらを作る。太白ごま油で炒めて塩で味つけ、なんとなく入れたくなって柚子の果汁を最後に少々。
たけのこと切干大根の中間のような食感。アクはまったくありません。美味しいきんぴらができました。





しっかりお腹に収めた後でまこもについて調べました。
まこも(真菰) 湖水や水辺に自生するイネ科の植物
肥大化した茎を食用にする
食物繊維が豊富で浄血作用がある
水辺の鳥が病気にかかるとこの茎を食べて治すといわれる


10月-③
e0134337_13591350.jpg ・れんこんと赤ピーマンのきんぴら
 ・真鴨の治部煮風
 ・うすいえんどう入り炒り卵
 ・岩海苔+フールルドセル

前日は休日だったのでちょっと贅沢に真鴨のすき焼き。
少し残しておいた鴨肉を治部煮風に炊きました。
冷凍しておいたうすいえんどうを加えた〈炒りたまご〉、半熟にすれば鴨とからんでおいしいのに・・・と思いながらもしっかり火をとおす。
全体に薄味だったので ごはんにフルールドセルを散らしてみました。


by cuillere1991 | 2008-10-26 14:47 | 日々のごはん
秋からはじめた新しいこと
この秋から新しいことをふたつはじめました。
ひとつはこのブログ!
ほぼ1年越しになりました。
HPをみて楽しみにしてくださっていた方、
もうあきらめてしまった頃でしょうか?
どうかまたのぞいてやってくださいね!

そしてもうひとつはお弁当作り。
といっても毎日ではなく週1回のことなので
あまり大きな声では言えないのですが。

記念すべき1回目
e0134337_11262473.jpg・鶏そぼろと野菜の煮物
・セロリとじゃこの香り炒め 
・小玉ねぎとかぶのマリネ
・よもぎ麩の照り焼き

教室でセロリを使うと必ず残ってしまう葉。
ザクザク刻んでちりめんじゃこと炒め、仕上げに島ラー油一振りすれば香り豊かなひと品に。
我が家の定番常備菜です。


10月①
e0134337_11464561.jpg・じゃこ入り卵焼き
・焼ピーマンのおかか醤油和え
・五目ひじき
・昆布と椎茸の佃煮

今月の教室では ほんの少しずつれんこんが残ります。
きんぴらにするには少ない、、こんな時はチョコチョコ残った野菜と大豆を合わせ ひじきを炊くのが一番。豆嫌いな家族も この五目煮には文句を言わないので不思議です。

出汁をとった後の昆布と干椎茸は細かく刻みコトコト炊いて佃煮に。
冷凍しておいた実山椒を加えるとピッと味がひきしまり美味しくなります。少量なのでふっくらとは炊けないけれど、手作りのものは心が美味しいと感じてくれるので。
by cuillere1991 | 2008-10-10 12:09 | 日々のごはん