人気ブログランキング | 話題のタグを見る
休日の散歩-1
六甲山の中腹に張りつくように暮らしています。
高台なので窓からの景色もいいのですが、すぐに六甲山に上れるのがなんといっても贅沢なところ。

休日の散歩-1_e0134337_11295041.jpg紅葉が終わった12月の山は静かで 休日の散歩にぴったり。
今日は暖かく風もなっかたので絶好の散歩日和です。



休日の散歩-1_e0134337_11325689.jpg高くそびえているのは柿の木。
葉のように見える小さな赤いものが柿の実です。
姫りんごほどの大きさしかありません。
野にあるままの果樹はこうなるんだ!
鳥さんが食べきっていないところをみると、よほどの渋柿かしら?
# by cuillere1991 | 2008-12-14 11:34 | 暮らしのメモ帳
お礼状
12月になると年賀状のことが気にかかる一方 お礼状を書く機会も増えますね。
字を書くのも絵を書くのも苦手な私は、なんとか一工夫して温かみのあるカードにといつも頭を悩ませます。
今年はスウェーデンで買ってきた美しい色とデザインのカードと思っていたのだけど
ツヤツヤの紙が日本の冬にはしっくりこない・・・
ふとひらめいて、ざらったした温かみのある質感の紙にコピー。
わざとずらして空間をつくってみたりと少しずつデザインも楽しめます。
THANK YOUのハンコをペタペタ押すと なかなかいい感じのカードが出来上がりました。

お礼状_e0134337_10542845.jpg

お礼状_e0134337_1055645.jpg
# by cuillere1991 | 2008-12-14 10:59 | 暮らしのメモ帳
お弁当 
11月-③

お弁当 _e0134337_10572637.jpg・チェダーチーズ入りたまご焼き
・大根葉とじゃこの胡麻炒め
・甘酢れんこんのオカカまぶし
・自家製佃煮
・もちきび入りごはん

ボリュームにかける今日のメニュー
せめてとたまご焼きにチーズを入れてみました。




12月-①
お弁当 _e0134337_1163348.jpg・薄切り豚肉の生姜焼き
・ドライトマトとパセリのオムレツ
・セロリの香味炒め
・ふりかけ


たまご焼きに人参とえんどうを入れて赤い色のおかずに と考えていたのに人参がない。
赤いもの、赤いものと冷蔵庫を探すと・・・
ありました!! ドライトマトです。
ドライトマトはみじん切り、イタリアンパセリもたっぷり刻み込んで牛乳少々、塩こしょうで味をつけてオムレツ風たまご焼きに。
なんだかバラバラした味のとり合わせだけど、まあこれもいいかな。
# by cuillere1991 | 2008-12-07 11:18 | 日々のごはん
スペアリブとひよこ豆の煮込みの作り方
朝日新聞グループ・朝日ファミリー12月5日号掲載<スペアリブとひよこ豆の煮込み>
のレシピです。
これはおもてなしの時によく登場する定番メニューのひとつ。
煮込み料理は作りおきができるので落ち着いて味を決められます。
テーブルにだす頃合いを見計らって温めなおせばいいだけなので
お客様に気を遣わせたり、おしゃべりを中断させてしまう心配もありません。
最後に加えるソーセージは好みをうかがってから。
たくさん召し上がりたい方は2本でも3本でも
小食の方ならソーセージなしで・・・とボリュームが調整できるのもいいところです。
仕上げに添える葱とらっきょうのソースはぜひお試しくださいね。
さっぱり感が加わって食がすすみます。

スペアリブとひよこ豆の煮込みの作り方_e0134337_1343166.jpg【材料】5人分
豚スペアリブ    800g
ソーセージ     5本
ひよこ豆水煮    1缶
にんにく       大1かけ
玉ねぎ        1個
白ワイン       100cc
トマト水煮      250g
ローリエ       1枚
塩こしょう・オリーブオイル
青葱
らっきょう甘酢漬け
ヴィネグレットーソース
【作り方】
1.にんにく、玉ねぎはみじん切り。スペアリブは塩こしょうをふる。トマト水煮はザルで漉す。
2.煮込み鍋にオイルを熱してスペアリブを加え、こんがり焼き色がつくまで焼く。
  肉を取り出し鍋の脂を捨て、オイルを加えてにんにく、玉ねぎをじっくり炒める。
3.鍋に肉を戻してワインを加え強火で煮立てる。水150cc、ローリエを加え、煮立てば弱火にして10分煮る。
4.3に1のトマトを加えて肉が柔らかくなるまで煮込む。
5.4に水気をきったひよこ豆を加え、10分煮て味を調える。
6.最後にソーセージを加えて軽く煮込み、みじん切りのらっきょうと青葱をヴィネグレットソースで和えたものを添える。
# by cuillere1991 | 2008-12-05 14:05 | 暮らしのメモ帳
料理教室 12月
12月の教室がはじまりました。
・半熟たまごとタプナード
・プルーンコンポートのベーコン巻き
・まぐろの香草たたきと葱のサラダ
・飛騨牛のローストビーフ 長芋のグラティネを添えて
・苺とフランボワーズのドームケーキ
ローストビーフは学生の頃からお正月の集まりで焼いていました。
大きなお肉をオーブンで焼くのは難しいように思われますが、コツさえつかめばとてっも楽ちんなもてなし料理です。
美味しい茹でかげんの玉子やローストビーフの作り方のコツは なんといっても温度管理。
とろっと流れる直前でとどまる黄身にタプナードをからめていただくと絶品の前菜になります。
身近な材料も心をこめて向きあうと喜ばれるもてなしの一品に。今月のレシピも大活躍してくれますように!

料理教室 12月_e0134337_1040463.jpg


料理教室 12月_e0134337_1041370.jpg


料理教室 12月_e0134337_10411887.jpg
# by cuillere1991 | 2008-12-05 13:01 | 教室