お弁当
1月-③

e0134337_1915143.jpg・豚肩ロースの味噌漬け
・ズッキーニの塩焼き
・自家製切干大根の煮物
・ごはん+ごま塩

今月の教室は風邪でお休みが多い。
用意した豚肉が残ってしまうので、味噌に漬けておく。
焦げないように注意しながらグリルでこんがりと焼き上げる。
ズッキーニはフライパンでしっかり焼き目をつけ
焼き上がりに焼き塩と粉鰹をひとふり、薄口醤油もちょっぴり。
有機の大根の皮を刻んでザルに広げ、テラスで干した切干大根。
人参、生しいたけと一緒に炊きました。
手作りはやっぱり満足度、高い・・・自己満足かしら!?
でも美味しいんです。
# by cuillere1991 | 2009-01-24 19:25 | 日々のごはん
赤い実coffee
e0134337_1854121.jpg教室の生徒さんでお仕事も時々手伝ってくれるフードコーディネーターのかおりちゃんからのプレゼント!
大阪にある自家焙煎珈琲豆と北欧ビンテージ食器のお店
赤い実coffee
以前から行きたい、行きたいと思っていたので
飛び上がらんばかりに喜んでしまった。
包み、やっぱりカワイイです!
早くお店に行きたいな。
かおりちゃん、いつも美味しい情報やおみやげ、ありがとね!
# by cuillere1991 | 2009-01-24 19:12 | 暮らしのメモ帳
水菜のお漬けもの できました!
e0134337_18394697.jpgなんてことない塩漬けなのに、美味しい!!
少し塩気が強いけれど、炊きたてのごはんと頂くと
この季節ならではの味わい。
手作りのものは心が満たされるなー!
# by cuillere1991 | 2009-01-24 18:47 | 日々のごはん
水菜のお漬けもの
e0134337_18261440.jpg寒の時期 霜がおりた水菜は味が濃くて甘い。
有機の水菜は茎もどんどん太くなり、葉も厚くなるから
お鍋の時もよく火を入れたほうが美味しい。
とっても力強い水菜だったので、お漬けものにもしてみることに。


e0134337_18264492.jpg長いままの水菜をぐるっと巻き込むように容器に入れ、
姉から教えてもらった配合の塩水を注いで重しをする。
水がたっぷり上がってくれば水気を絞って容器にもどし、
細く切ったお昆布、鷹の爪、柚子皮を加えて重石をする。
この時点で味見をすると口の中がイガイガするくらいしょっぱい!
でも香味を加えて日をおくと まろやかになります。
この器の中でいったい何が起こっているのかしら・・・
# by cuillere1991 | 2009-01-24 18:38 | 日々のごはん
料理教室 1月
2009年 料理教室がはじまりました。
今年も みなさんと美味しく愉しい時間が過ごせるよう張り切ります。
冷え込んで身体が固まりがちなので、元気がでるよう黄色のお花とビビットな色のマリメッコのクロスを合わせて!
・小豆のスープ
・白葱のマリネサラダ パンチェッタとパルメジャーノチーズを添えて
・豚肩ロースのソテー たっぷりの野菜入りクリームソースとともに
・クレープの自家製黒蜜がけ 金柑の柚子みつ煮
小豆は丁寧につくったやさしい味のチキンスープでゆっくりゆっくり煮ていきます。
チキンスープやクリームの味が勝ちすぎないよう小豆の風味を生かしつつ、にんにくをほんのわずかに効かせます。
寒の時期にはクリームソースのお料理が美味しいですね!
メーンのお肉料理は野菜をたっぷり添えているので、すっとお腹におさまります。
ほんの少し刻み込んでいるコルニッションがかくし味。
目と口で幸せに、心から暖まってもらえると嬉しいな!

e0134337_16204532.jpg

e0134337_1621454.jpg


e0134337_1159239.jpg
# by cuillere1991 | 2009-01-18 16:34 | 教室
お弁当
1月-②

e0134337_162449.jpg・朝からつくった(!!)木頭のちらし寿司<かきまぜ>
・よもぎ麩の照り焼き

よもぎ麩はバターでしっかり焼き目をつけてからお醤油とみりんを絡め
すったえごまをまぶし、黒七味をほんの少しふりかけます。

お弁当箱は叔母が結婚前に使っていたものを譲り受けました。
ひさしぶりの活躍です。 



# by cuillere1991 | 2009-01-18 16:07 | 日々のごはん
木頭のかきまぜ
e0134337_15243385.jpg徳島にある柚子の村 木頭に通いだして2年。
すっかり木頭の柚子の魅力にはまっています。
伺うと必ず作って迎えてくださるのが<かきまぜ>。
木頭では冠婚葬祭、人寄りする時にはかならず作る
<ちらし寿司>です。
米酢を使わずに柚子果汁を使うのが特徴で
それがなんとも美味しいのです。
毎回ご馳走になってレシピを作るお手伝いをしているうちに
商品化してみては?という話になり
昨年暮れに柚冬庵さんが完成されました。
これがそのかきまぜセット。
包みもとってもすてきでしょう?


e0134337_1538767.jpg・柚子果汁で作った合わせ酢
・地元のお米
・地元で採れた根菜やきのこを刻んで煮含めた具材がたっぷり

使い終わった空き瓶は、ジャムや食品保存に使えますよ!



e0134337_15372796.jpgあとはごはんを炊いて混ぜるだけ!
2合分なら2人暮らしで楽しめる最適な量です。
炒りたまごはつくりましたよ!
彩りにうすい豌豆の冷凍をもどして準備完了。
なんとこれは朝です。
今からお弁当箱に詰めます。
朝から<ちらし寿司>…いたって楽ちん!

柚冬庵さんのHPで購入できます(期間限定)、
チェックしてみてくださいね!
# by cuillere1991 | 2009-01-18 16:01 | 暮らしのメモ帳
仙台 松島
仙台と松島に行ってきました。
松島の景色は美しすぎて私のカメラではおさまりません。
あの風景は心の中に大切にしまっておくことに。

e0134337_14422596.jpg仙台味噌のお店が楽しかった!
あまりにたくさんのお味噌が並んでいるので、
どうしようかと迷っていたら全部試食させてくださいました。
佐々重さんのお味噌は具材を2、3種あわせることで
お出汁をひかなくても美味しいようにできているんですって!
地元の方に人気の粒味噌と
地元産のミヤギシロメ大豆、ひとめぼれ米、伊達の塩で作った
<山葵沢の杜>を購入。

炭火焼のお店でせりと鴨の小鍋を頼んだら、
せりは根っこごとでてきました。
根っこはよく噛みしめると かすかな苦みの後に甘みが感じられ
せりの力強い香りが口いっぱいに広がって
濃厚な鴨肉や甘みの強い煮汁によく合いあいます。
野菜売り場で見かけたせりの根が立派で、きれいだなーと眺めていた直後だったので感激しきり。
<山葵沢の杜>は せりと鶏肉 に合うということだから
元気なせりを見つけたら鶏肉とあわせてお味噌汁をつくろう!
もちろんせりは根っこごと ね。


e0134337_14425284.jpg佐々重さんの包み紙がなんともかわいい。
うしろもお見せします。
井上さん(モーネ工房)が喜びそう!
今度 持って行きます、待っててね。
# by cuillere1991 | 2009-01-18 15:21 |
2009年 第1回 お弁当
1月-①

e0134337_1430221.jpg・岩のり入りたまご焼き
・鮭の韓国味噌漬け
・青葱とえのきのぬた風
・しらすのふりかけ

ごはんは2段にすることにしました。
韓国味噌に白味噌を加えて漬け込んだら
やわらかな味に仕上がりました。
緑の野菜がなかったので、青葱とえのきをさっと茹で
白味噌に練りごま、マヨネーズとお醤油を少し加えて。
# by cuillere1991 | 2009-01-18 14:40 | 日々のごはん
衝動買い!
e0134337_1417396.jpgキャラものには惹かれない私なのですが、、、お正月ボケでしょうか?
買ってしまいました 2009年新春限定らしい。
牛の模様が黒白だったらきっと買わなかったと思う。
…来年は虎をかぶるのだろうか?


e0134337_1420141.jpgうしろ姿もあります・・・
マヨネーズって少ししか使わないんだど どうしよう?
# by cuillere1991 | 2009-01-18 14:25 | 暮らしのメモ帳
冬の夜景
e0134337_1430134.jpgキッチンの窓から東の方向 
23時です!
冷え込む夜ほどきらきらときらめきます。
湯たんぽのためのお湯を沸かしながら 
部屋の明かりを消してしばらく眺めていました。
# by cuillere1991 | 2009-01-06 14:33 | 暮らしのメモ帳
スガハラショップ芦屋店 ディスプレイ 1月
e0134337_1415373.jpg春を呼び込むようなとりあわせで。
美しい透明感のあるクリアーとベージュのガラスに
クリーム色のお花と若々しいグリーンが美しく映える
早春のセッティング。


e0134337_14155770.jpg庭木に実ったような可愛い金柑をあしらって。
# by cuillere1991 | 2009-01-06 14:27 | 暮らしのメモ帳
準備体操
2009年1月4日(日曜日) お正月休みも今日まで 明日から日常が始まります。
久しぶりに自宅のキッチンに立つとなんだかワクワクしてきました!
年末に使い切れなかった野菜や冷凍しておいたお魚・・・片っ端から使い切るゾーーと腕まくり。
さて作ったものは
・鮭の粕汁(本日の夕食)
・鮭の西京味噌漬け
・鮭の韓国味噌漬け
・飛騨牛の韓国味噌漬け
・聖護院かぶらと軍鶏の炊いたの(剥いたかぶらの皮は塩と柚子で漬けました)
・チキンスープ
・黒糖クレープ(教室試作)
明日からに向けて準備体操のような一日となりました。

e0134337_13584999.jpg飛騨牛ランプ肉は塩をふって1時間おき、沸騰した湯で茹で
氷水にとって水気を拭く。茹で汁は捨てずにスープに!


e0134337_13595646.jpg韓国の豆味噌を保存容器に薄くしき
ガーゼで包んだ先の牛肉を漬け さらに味噌で覆います。


e0134337_1405173.jpg2日後の食卓に。
味噌の風味が中までしっかりうつっていました。
大根を棒状に切っただけのシンプルな付け合せと。
# by cuillere1991 | 2009-01-06 14:23 | 日々のごはん
飛騨の山小屋
e0134337_15255239.jpg2009年1月1日 
飛騨の山小屋で新年を迎えました。
すずらん高原の朝日大神宮に初詣。
今年も1年よろしくお願いたたします。
# by cuillere1991 | 2009-01-04 15:28 |
仕事納め 12月26日
e0134337_1437726.jpg12月26日朝
明け方の雪がテラスにうっすらと積もっていました。
きれい!!
2008年仕事納めです。


e0134337_14383845.jpg今日は撮影。
さっちゃんといずっちが手伝いに来てくれます。
いつも仕事を始める前にお茶をします。
寒い冬の日に必ず食べたくなるのがおぜんざい。
今日はおぜんざい日和です。
昨日思いたって小豆を炊いてよかった!


e0134337_1442714.jpgカメラマンの浮田氏とライターの松永さん
1年間ありがとうございました!
# by cuillere1991 | 2009-01-04 14:50 | 暮らしのメモ帳
デンマークからの贈り物
e0134337_1323240.jpgデンマークに住む造形作家のゆう子高田ケラーさんからのクリスマスプレゼント。
きれいなブルーの紙リボンがなんともすてきです。


e0134337_132539.jpgどきどきしながら開けてゆきます。
どうして新聞がこんなにすてきなんだろう!
リボンの下には美味しそうな苺のデザートの写真・・・
さすがゆうさん!
こういう気持ちがほんとうに嬉しくて心に残る贈り物になるんですね。


e0134337_1331388.jpgカラフルなレゴのクリップが出てきました~
心がうきうきするような色づかい。
ゆうさん ありがとうございます。
MERRY  CHRISTMAS !!
# by cuillere1991 | 2008-12-24 13:18 | 暮らしのメモ帳
和歌山のなれ鮨
e0134337_12312859.jpg何かに包まれている食べ物に惹かれます。
特に香りのいい葉っぱで包まれているものにめっぽう弱い!
和歌山のなれ鮨は地元で採れる葉で包まれていると聞いて
どうしても食べたくなり、和歌山から教室に来てくださっている生徒さんに買ってきて頂きました。

具は締めた鯖。ごろっと切った甘酢しょうがとともに少し大きめの鮨飯で握って<あせ>という葉に包んで軽く押してあります。
これは早なれ鮨。
<あせ=暖竹>は海岸などに生えているそう、笹よりも少し強い香り。
常温で翌日も大丈夫とのことで2日に分けていただきました。
翌日のほうがより美味しく感じました。
葉の殺菌作用を活かした保存食。
暮らしの中の知恵はすごいな!
美味しかったです、大満足!ご馳走さまでした。
# by cuillere1991 | 2008-12-24 12:51 | 日々のごはん
お弁当
12月-④
e0134337_9543011.jpg・セロリと牛肉の炒めもの
・じゃがいもとベーコンの煮物
・炒りたまごごはん

今年最後のお弁当は3段にして炒りたまごごはんにしました。
セロリと牛肉は塩こしょうで炒め、 仕上げにウースターソースを少々。
スパイシーな香りでセロリがぐっとひきたつ感じ。
じゃがいもの煮汁は片栗粉であんかけ風に。
白いごはんには ほんの少しの岩塩を挽いてかけてみました。
# by cuillere1991 | 2008-12-24 10:02 | 日々のごはん
でんすけ穴子
e0134337_182311.jpgいきなりな画像ですね、これ、鰻ではありませんよ!
でんすけ穴子といいます。脂ののった巨大な穴子のことをでんすけ穴子と呼ぶんだそうです。
これは800g(普通は200g前後)、で身を縦半分に切っています。
いつも教室の魚をお願いする淡路の魚屋・うお匠さんから分けていただきました。
お鍋のつもりだったのですが、炭火焼きに変更!
わさびをおろしてお醤油をつけてパクリ!
ううーーーん おいしいーーーー。
これから旬をむかえる甘かれいも購入。片身は薄造り、残りは昆布締めに(・・・贅沢だ) 明日も楽しみ!
# by cuillere1991 | 2008-12-22 18:26 | 日々のごはん
冬至釜
e0134337_17405361.jpgお茶のお稽古に通っています。
学生時代にほんの少し習っただけなのでまっさらな状態!
仕事の後 疲れていると何度もくじけそうになるのだけれど
お茶室に身をおくと頭のスイッチがパッと切り替わって 
心地よい緊張感でリフレッシュ。

冬至には宗匠の奥様が手作りのお汁粉をふるまってくださいます。
今年で3度目になる冬至釜のお稽古でした。
1年間 続けられてよかった。
そして1年間ありがとうございました!
# by cuillere1991 | 2008-12-22 17:54 | 暮らしのメモ帳
なんだか嬉しいこと-2
e0134337_14173721.jpg教室用にスポンジケーキを焼いています。
お菓子が焼けていく様子を覗くのって
楽しくて大好き!
今日もご機嫌に焼けている模様、
なんだか嬉しくなってカシャリ!
# by cuillere1991 | 2008-12-21 14:23 | 暮らしのメモ帳
なんだか嬉しいこと-1
e0134337_1414155.jpg茹でたまごをつくっていて、ふと鍋の中をみたら
仲良く並んでいました!
しかも色も交互に・・・
なんだか嬉しくなって思わずカシャリ! 
# by cuillere1991 | 2008-12-21 14:16 | 暮らしのメモ帳
お弁当

12月-②
e0134337_1347773.jpg・ドライトマト入りたまご焼き
・鶏ささ身とシメジのサラダ
・セロリの葉、ホタテと海老の香味炒め
・梅肉

苦しまぎれのドライトマトのたまご焼きにはまっています。
ささ身の酒蒸しがあったので、昨夜のお鍋で少し残っていたシメジと
一緒にカレー粉を加えて炒め、冷ましてから少量のマヨネーズで和えました、少しものたらなくてお醤油をほんの少し。
一度に味がぱちっと決まります、お醤油ってすごい!

有機のセロリは味が濃く、もちろんクセも強いです。
定番の香味炒めもおじゃこでは弱く感じるので、
干し貝柱と干し海老でセロリに負けないように!



12月-③
e0134337_13484669.jpg・根菜の煮物
・牛肉と生姜の甘辛煮
・いんげんのオカカ和え
・もちきびいりごはん
・ゆかり

冬は鍋ものが断然多くなります。
昨夜は到来物があって珍しく牛肉のしゃぶしゃぶ。
少し残して生姜を加えて甘辛く炊き、お弁当のおかずに!
ちなみに牛肉のしゃぶしゃぶの時は、ごまダレとポン酢をそれぞれ好みで合わせ、水気を切った大根おろしに黄身を加えた【黄身おろし】が我家の定番です。
もちろん青葱をたっぷり添えて(ネギドバ!)。
あとは黒七味もかかせません。
# by cuillere1991 | 2008-12-21 14:12 | 日々のごはん
散歩のおみやげ
e0134337_1202890.jpg
# by cuillere1991 | 2008-12-14 12:00 | 暮らしのメモ帳
休日の散歩ー2
しばらく歩くと汗を感じるほど暖かい。
それでも川面に氷柱、日陰の道では霜柱を発見。
霜柱!! 言葉さえしばらく忘れていた自分にも驚きました。

e0134337_11492337.jpg住吉川の上流に沿って歩きます。


e0134337_11495693.jpg川面にキラキラ光るもの発見! わかりますか?
枝にできたつららです。


e0134337_11505556.jpg霜柱 とってもきれいでした。
# by cuillere1991 | 2008-12-14 11:54 | 暮らしのメモ帳
休日の散歩-1
六甲山の中腹に張りつくように暮らしています。
高台なので窓からの景色もいいのですが、すぐに六甲山に上れるのがなんといっても贅沢なところ。

e0134337_11295041.jpg紅葉が終わった12月の山は静かで 休日の散歩にぴったり。
今日は暖かく風もなっかたので絶好の散歩日和です。



e0134337_11325689.jpg高くそびえているのは柿の木。
葉のように見える小さな赤いものが柿の実です。
姫りんごほどの大きさしかありません。
野にあるままの果樹はこうなるんだ!
鳥さんが食べきっていないところをみると、よほどの渋柿かしら?
# by cuillere1991 | 2008-12-14 11:34 | 暮らしのメモ帳
お礼状
12月になると年賀状のことが気にかかる一方 お礼状を書く機会も増えますね。
字を書くのも絵を書くのも苦手な私は、なんとか一工夫して温かみのあるカードにといつも頭を悩ませます。
今年はスウェーデンで買ってきた美しい色とデザインのカードと思っていたのだけど
ツヤツヤの紙が日本の冬にはしっくりこない・・・
ふとひらめいて、ざらったした温かみのある質感の紙にコピー。
わざとずらして空間をつくってみたりと少しずつデザインも楽しめます。
THANK YOUのハンコをペタペタ押すと なかなかいい感じのカードが出来上がりました。

e0134337_10542845.jpg

e0134337_1055645.jpg
# by cuillere1991 | 2008-12-14 10:59 | 暮らしのメモ帳
お弁当 
11月-③

e0134337_10572637.jpg・チェダーチーズ入りたまご焼き
・大根葉とじゃこの胡麻炒め
・甘酢れんこんのオカカまぶし
・自家製佃煮
・もちきび入りごはん

ボリュームにかける今日のメニュー
せめてとたまご焼きにチーズを入れてみました。




12月-①
e0134337_1163348.jpg・薄切り豚肉の生姜焼き
・ドライトマトとパセリのオムレツ
・セロリの香味炒め
・ふりかけ


たまご焼きに人参とえんどうを入れて赤い色のおかずに と考えていたのに人参がない。
赤いもの、赤いものと冷蔵庫を探すと・・・
ありました!! ドライトマトです。
ドライトマトはみじん切り、イタリアンパセリもたっぷり刻み込んで牛乳少々、塩こしょうで味をつけてオムレツ風たまご焼きに。
なんだかバラバラした味のとり合わせだけど、まあこれもいいかな。
# by cuillere1991 | 2008-12-07 11:18 | 日々のごはん
スペアリブとひよこ豆の煮込みの作り方
朝日新聞グループ・朝日ファミリー12月5日号掲載<スペアリブとひよこ豆の煮込み>
のレシピです。
これはおもてなしの時によく登場する定番メニューのひとつ。
煮込み料理は作りおきができるので落ち着いて味を決められます。
テーブルにだす頃合いを見計らって温めなおせばいいだけなので
お客様に気を遣わせたり、おしゃべりを中断させてしまう心配もありません。
最後に加えるソーセージは好みをうかがってから。
たくさん召し上がりたい方は2本でも3本でも
小食の方ならソーセージなしで・・・とボリュームが調整できるのもいいところです。
仕上げに添える葱とらっきょうのソースはぜひお試しくださいね。
さっぱり感が加わって食がすすみます。

e0134337_1343166.jpg【材料】5人分
豚スペアリブ    800g
ソーセージ     5本
ひよこ豆水煮    1缶
にんにく       大1かけ
玉ねぎ        1個
白ワイン       100cc
トマト水煮      250g
ローリエ       1枚
塩こしょう・オリーブオイル
青葱
らっきょう甘酢漬け
ヴィネグレットーソース
【作り方】
1.にんにく、玉ねぎはみじん切り。スペアリブは塩こしょうをふる。トマト水煮はザルで漉す。
2.煮込み鍋にオイルを熱してスペアリブを加え、こんがり焼き色がつくまで焼く。
  肉を取り出し鍋の脂を捨て、オイルを加えてにんにく、玉ねぎをじっくり炒める。
3.鍋に肉を戻してワインを加え強火で煮立てる。水150cc、ローリエを加え、煮立てば弱火にして10分煮る。
4.3に1のトマトを加えて肉が柔らかくなるまで煮込む。
5.4に水気をきったひよこ豆を加え、10分煮て味を調える。
6.最後にソーセージを加えて軽く煮込み、みじん切りのらっきょうと青葱をヴィネグレットソースで和えたものを添える。
# by cuillere1991 | 2008-12-05 14:05 | 暮らしのメモ帳
料理教室 12月
12月の教室がはじまりました。
・半熟たまごとタプナード
・プルーンコンポートのベーコン巻き
・まぐろの香草たたきと葱のサラダ
・飛騨牛のローストビーフ 長芋のグラティネを添えて
・苺とフランボワーズのドームケーキ
ローストビーフは学生の頃からお正月の集まりで焼いていました。
大きなお肉をオーブンで焼くのは難しいように思われますが、コツさえつかめばとてっも楽ちんなもてなし料理です。
美味しい茹でかげんの玉子やローストビーフの作り方のコツは なんといっても温度管理。
とろっと流れる直前でとどまる黄身にタプナードをからめていただくと絶品の前菜になります。
身近な材料も心をこめて向きあうと喜ばれるもてなしの一品に。今月のレシピも大活躍してくれますように!

e0134337_1040463.jpg


e0134337_1041370.jpg


e0134337_10411887.jpg
# by cuillere1991 | 2008-12-05 13:01 | 教室